アクタ薬理学 (2月 2020)

新規トポイソメラーゼII阻害剤であるサルビシンは、ROS生成により強力な抗癌活性を発揮します

新規トポイソメラーゼII阻害剤であるサルビシンは、ROS生成により強力な抗癌活性を発揮します

抽象 サルビシンは、 in vitro およびヒト腫瘍異種移植片を保有するマウスの広範囲のヒト腫瘍細胞に対する強力な成長阻害活性を持つ中国のハーブから単離された天然産物リードの構造修飾によって得られる新規ジテルペノイドキノン化合物です。 サルビシンは、多剤耐性(MDR)細胞に対する細胞傷害効果が大きいこともわかっています。 さらに、サルビシンはMDA-MB-435同所性異種移植片の肺転移巣を有意に減少させた。 最近の研究では、サルビシンはATPaseドメインに結合し、DNA-Topo IIの結合を促進し、Topo IIを介したDNA降格とATP加水分解を阻害することにより、新規非挿入トポイソメラーゼII(Topo II)毒であることが示されました。 さらなる研究により、サルシバイン誘発ROSは、トポII阻害、DNA損傷、MDRの回避、腫瘍細胞接着阻害など、サルビシン誘発細胞応答において中心的な役割を果たすことが示されています。

ネフェリンはヘムオキシゲナーゼ-1を介して血管平滑筋細胞のアンジオテンシンII刺激増殖を阻害する

ネフェリンはヘムオキシゲナーゼ-1を介して血管平滑筋細胞のアンジオテンシンII刺激増殖を阻害する

抽象 目的: アンギオテンシンII(Ang II)誘発の血管平滑筋細胞(VSMC)の増殖に対するネフェリンの効果を調べる。 方法: ヒト臍静脈平滑筋細胞(HUVSMC)が使用されました。 細胞増殖は、3-(4, 5-dimethylthiazol-2-yl)-2, 5-diphenyltetrazolium bromide(MTT)アッセイおよびフローサイトメトリー分析を使用して決定されました。 ヘムオキシゲナーゼ(HO)-1タンパク質発現は、ウエスタンブロット分析によってテストされました。 細胞外シグナル調節タンパク質キナーゼ1/2(ERK1 / 2)活性化は、免疫ブロット法を使用して決定されました。 結果: HUVSMCとネフェリン(0.1、0.5、1.0、5.0μmol/ L)のプレインキュベーションは、濃度依存的にAng II誘導細胞増殖を有意に抑制し、ネフェリン5.0μmol/ LはHO-1発現を259%増加させましたコントロール。 ネフェリンの抗増殖効果は、亜鉛プロトポルフィリンIX(ZnPP IX、HO-1阻害剤)とネフェリンの同時投与により著しく減衰しました。 Ang IIで強化されたERK1 / 2リン酸化は、ネフェリンによって著しく逆転しました。 HO-1活性をZnPP IXで阻害することにより、ERK1 / 2リン酸化に対するネフェリンの阻害効果が大幅に減衰しま

新規μオピオイド受容体リガンドとしてのN-フェニルアルキル置換トラマドール誘導体の設計、合成および生物学的評価

新規μオピオイド受容体リガンドとしてのN-フェニルアルキル置換トラマドール誘導体の設計、合成および生物学的評価

抽象 目的: トラマドールは、耐性と中毒の可能性が低い非定型オピオイド鎮痛薬です。 しかし、そのオピオイド活性は、モルヒネなどの古典的なアヘン剤よりもはるかに低いです。 新規鎮痛薬を開発し、トラマドール骨格の構造活性相関(SAR)をさらに探求します。 方法: 3次元(3D)構造の重ね合わせと分子ドッキングの研究に基づいて、 M1 (トラマドールの活性代謝物)とモルヒネが共通のファーマコフォア機能と同様の結合モードを持っていることがわかりました。両方の化合物のTrp2936.48およびTyr3267.43によって形成される共通の疎水性ポケットに直面しました。 この研究では、N-フェネチルノルモルフィンをμオピオイド受容体に結合させました。 N-フェネチルノルモルフィンのN-置換基は、Trp2936.48およびTyr3267.43によって形成された疎水性ポケットにまで広がっていることがわかった。 この疎水性相互作用は、モルヒネと比較してオピオイド活性の改善に貢献する可能性があります。 M1 、モルヒネ、およびN-フェネチルノルモルフィンの結合モードは重複しており、3つの化合物の窒素原子上の置換基が共通の配向を採用している可能性があります。 トラマドール足場からの一連のN-フェニルアルキル誘導体は、新しいタイプの鎮痛薬を生成するために設計、合成、および分析されました。 結果: その結果、化

新規ATP感受性カリウムチャネル開口薬イプタカリムは、内皮機能の回復を介して高血圧に関連するインスリン抵抗性を防止する

新規ATP感受性カリウムチャネル開口薬イプタカリムは、内皮機能の回復を介して高血圧に関連するインスリン抵抗性を防止する

抽象 目的: インスリン抵抗性(IR)によって誘導される内皮機能障害に対するイプタカリムの効果を調査し、イプタカリムがフルクトース食ラット(FFR)および自然発症高血圧ラット(SHR)の高血圧に関連するIRを改善するかどうかを判断します。 方法: ヒト臍静脈内皮細胞(HUVEC)は 、in vitroの 研究に使用され ました 。 内皮血管作動性メディエーターとeNOSタンパク質発現のレベルは、放射免疫測定法、ELISA、比色分析またはウエスタンブロット法を使用して決定されました。 Sprague-Dawleyラットには高果糖食を与えた。 FFRとSHRの両方で、収縮期血圧(SBP)を測定するためにテールカフ法が使用され、IR状態を評価するために高インスリン正常血糖クランプが使用されました。 結果: (1)PI3-キナーゼ阻害剤であるワートマニン(50 nmol / L)およびインスリン(100 nmol / L)とインキュベートした培養HUVECは、NOの放出とeNOSタンパク質の発現の大幅な減少、およびET- 1。 イプタカリム(0.1〜10μmol/ L)による前処理は、内皮機能障害を防ぐことができます。 (2)FFRでは、SBP、空腹時血漿グルコースおよびインスリンのレベルが有意に上昇したのに対し、グルコース注入速度(GIR)およびインスリン感受性指数(ISI)は有意に低下し

オリゴマンヌレート硫酸塩はin vitroでCXCL12 / SDF-1を介した増殖とヒト腫瘍細胞の浸潤を阻害する

オリゴマンヌレート硫酸塩はin vitroでCXCL12 / SDF-1を介した増殖とヒト腫瘍細胞の浸潤を阻害する

抽象 目的: JG6は、血管新生と腫瘍の転移を阻害することが示されている、海洋由来の新規オリゴ糖です。 この研究では、JG6の抗がん活性の原因となる潜在的な標的を特定しようとしました。 方法: ヒト肝臓がん細胞株Bel-7402およびヒト子宮頸がん細胞株HeLaを調べました。 CXCL12刺激細胞の増殖と遊走は、それぞれCCK-8キットとトランスウェルアッセイを使用して決定されました。 CXCL12 / CXCR4軸の変化を調べるために、ウエスタンブロット法を実施しました。 分子ドッキングと表面プラズモン共鳴(SPR)を実行して、JG6とCXCL12 / CXCR4軸の間の可能な相互作用を特徴付けました。 結果: CXCL12で処理すると、Bel-7402とHeLa細胞の両方で増殖と移動が強力に刺激されました。 JG6(10、50、100μg/ mL)による細胞の共処理は、CXCL12刺激による細胞増殖と遊走を用量依存的に妨げました。 さらに、CXCL12はBel-7402およびHeLa細胞でAKT、ERK、FAK、およびパキシリンのリン酸化を急速に誘導しましたが、JG6による前処理は用量依存的にこれらのタンパク質のCXCL12誘導リン酸化を阻害しました。 SPRアッセイは、JG6がCXCL12に高い親和性で結合することを示しました。 分子ドッキング研究では、JG6は6つのイオン結合

ラットの萎縮性胃炎におけるゲラニル-ゲラニルアセトンにより誘導される熱ショックタンパク質70の保護効果

ラットの萎縮性胃炎におけるゲラニル-ゲラニルアセトンにより誘導される熱ショックタンパク質70の保護効果

抽象 目的: ラットとその潜在的なメカニズムの萎縮性胃炎の進行に対するゲラニルゲラニルアセトン(GGA)の影響を調査します。 方法: 萎縮性胃炎は、0.1%アンモニア溶液、60%エタノール、20 mmol / Lデオキシコール酸で24週間スプラーグドーリーラットに誘発されました。 萎縮性胃炎の誘発を伴い、200 mg / kg GGAが8週間(17週から24週)強制経口投与されました。 胃粘膜の組織学的変化は、炎症の指標、胃粘膜の厚さ、および洞の水平長1 mmの腺の量によって定量化されました。 内因性熱ショックタンパク質(HSP)70のレベルと分布は、胃粘膜の免疫ブロット法と免疫組織化学法によって決定されました。 結果: GGAは、炎症の軽減(炎症指数:GGAグループで1.40および萎縮性胃炎グループで1.65)および腺の回復(粘膜の厚さと腺の量:GGAグループで194.3μmおよび38.7 mm; 123.3萎縮性胃炎群のμmおよび32.7 mm; P <0.05)。 GGAはHSP70合成を有意に誘導しました( P <0.05)。 さらに、HSP70発現の阻害剤であるケルセチンは、炎症細胞の浸潤と幽門洞の腺消失を悪化させました。 結論: GGAは、HSP70発現の誘導を介して、ラットの萎縮性胃炎の進行を防ぎました。

神経成長因子は、増殖を促進し、PI3K / Aktシグナル伝達経路を活性化することにより、間葉系幹細胞の索形成を誘導します

神経成長因子は、増殖を促進し、PI3K / Aktシグナル伝達経路を活性化することにより、間葉系幹細胞の索形成を誘導します

抽象 目的: 神経成長因子(NGF)が骨髄間葉系幹細胞(MSC)とその根底にあるメカニズムの血管新生を誘導したかどうかを調査します。 方法: 骨髄MSCは、Sprague-Dawleyラットの大腿骨または脛骨から分離され、培養されました。 3〜5継代後に細胞を精製し、マトリゲル被覆24ウェルプレートに播種し、NGFで処理した。 24時間後に管の形成が観察された。 トロポミオシン関連キナーゼA(TrkA)およびp75NTR遺伝子発現は、PCR分析とフローサイトメトリーを使用して調べられました。 増殖曲線は、細胞カウントを介して決定されました。 VEGFおよびpAkt / Aktの発現をウエスタンブロットで分析しました。 結果: NGF(25、50、100、および200μg/ L)は、MSCの管形成を促進しました。 細胞をNGF(50μg/ L)で処理すると、尿細管の長さは最大2.24倍に達しました。 NGF(50μg/ L)は、Aktのリン酸化を著しく強化しました。 特定のPI3K阻害剤LY294002(10μmol/ L)による前処理は、NGF刺激Aktリン酸化、管形成、血管新生をブロックしました。 NGF(25–200μg/ L)は、TrkAおよび血管内皮成長因子(VEGF)の発現に影響しませんでしたが、p75NTRの発現を大幅に抑制しました。 NGF(50μg/ L)は、MSCの

単一の生細胞におけるフェニレフリンによって刺激されたα1A-AR運動のリアルタイム検出

単一の生細胞におけるフェニレフリンによって刺激されたα1A-AR運動のリアルタイム検出

抽象 目的: アゴニスト、フェニレフリン(PE)によって刺激されたα1A-アドレナリン受容体(α1A -AR)の動き、および単一の生細胞における受容体の動きのダイナミクスをミリ秒の解像度で調査します。 方法: モノクローナル抗FLAG(タグの一種)抗体とCy3共役ヤギ抗マウスIgGを使用してα1A -ARをラベルし、アゴニスト、PEで刺激された生きたHEK293A細胞での輸送プロセスの軌跡を記録し、分析しました動的プロパティ。 結果: 生きているHEK293A-α1A細胞の表面上のα1A -ARの特異的な検出が達成された。 α1A -ARはPEの刺激下で内部移行します。 細胞をPEで20分間刺激した後、α1A -ARとF-アクチンの間で明らかな共局在が見られました。 PEを40分間刺激した後、HEK293A-α1A細胞の近似直線運動の軌跡を記録し、その速度を計算しました。 結論: 生細胞表面の特定の標識方法は、表面受容体の挙動をリアルタイムで検出する便利な手段を提供します。 この方法により、α1A -ARを特異的に検出し、単一の生細胞でリアルタイムで50 msの曝露時間で受容体の個々の粒子の挙動を記録することができました。

ILKの発現に対するイルベサルタンの影響および片側尿管閉塞のマウスにおける上皮間葉移行との関係

ILKの発現に対するイルベサルタンの影響および片側尿管閉塞のマウスにおける上皮間葉移行との関係

抽象 目的: 1型アンジオテンシンII受容体の新しい拮抗薬であるイルベサルタンは、糖尿病性および非糖尿病性腎症の両方で腎保護作用があることが証明されていますが、その正確なメカニズムは未だ不明です。 ここでは、インテグリン結合キナーゼ(ILK)の発現に対するイルベサルタンの影響と、片側尿管閉塞(UUO)のマウスにおける上皮間葉移行(EMT)との関係を調査しました。 方法: マウスをランダムに3つのグループに分けました:偽手術(C、 n = 20)、UUO( n = 40)、およびイルベサルタン治療を伴うUUO(UUO +イルベサルタン、 n = 40)。 イルベサルタンは、強制飼養により1日あたり50 mg / kg体重の用量で投与された。 対照群の実験動物には、同量のビヒクル(0.9%生理食塩水)が投与されました。 動物は、手術後、それぞれ1、3、7、および14日に屠殺されました。 結果: mRNAおよびタンパク質レベルでのILKの発現は、手術後1日のUUOグループで有意に増加し、イルベサルタンでの治療により有意に減少しました(それぞれ P <0.01)。 α-平滑筋アクチン(α-SMA)の発現は有意に増加したが、E-カドヘリンは、手術後3日目にUUOを有するマウスで減少した。 イルベサルタンによる治療は、そのような効果を有意に無効にしました( P <0.01)。 免疫組

異なるBAG-1アイソフォームは、乳癌細胞の化学療法誘発性アポトーシスの調節において異なる機能を持っています

異なるBAG-1アイソフォームは、乳癌細胞の化学療法誘発性アポトーシスの調節において異なる機能を持っています

抽象 目的: BAG-1は4つのアイソフォームを持つ多機能の抗アポトーシス遺伝子であり、異なるBAG-1アイソフォームには異なる抗アポトーシス機能があります。 この研究では、BAG-1アイソフォームをヒト乳癌細胞株Hs578T(ER陰性)およびMCF-7(ER陽性)にトランスフェクトして、エストロゲンの有無にかかわらずアポトーシスに対する効果を研究しました。 方法: 個々のBAG-1アイソフォームを含む構築された組換え発現ベクターを使用して、ヒト乳癌細胞株Hs578T(ER陰性)およびMCF-7(ER陽性)をトランスフェクトしました。 安定した細胞株が作成された後、ドキソルビシン、ドセタキセル、5-FUなどのさまざまなアポトーシス誘導剤を使用して、これらの細胞株をエストロゲンありまたはなしで処理し、BAG-1の役割をテストしました。 BAG-1がBcl-2の機能に影響するメカニズムは、シクロヘキシミドチェイスアッセイを使用して調査されました。 結果: BAG-1 p50およびp46アイソフォームは、フローサイトメトリー分析によると、両方の細胞株のアポトーシスに対する耐性を大幅に強化しました。 BAG-1 p33およびp29は、トランスフェクトされた細胞をアポトーシスから保護できませんでした。 細胞生存率アッセイは、BAG-1 p50のみが、p46、p33、またはp29ではなく、ER陽

トルテロジンは、単離されたウサギ心室筋細胞においてベラトリジン増強後期INa、逆INCXおよび初期後脱分極を減少させる

トルテロジンは、単離されたウサギ心室筋細胞においてベラトリジン増強後期INa、逆INCXおよび初期後脱分極を減少させる

抽象 目的: 後期ナトリウム電流( I Na.L )の 増加 は、細胞内Na + 蓄積を引き起こすだけでなく、Na + / Ca 2+ 交換電流の逆モード(逆 I NCX )を介した細胞内Ca 2+ 過負荷を引き起こしますが、また、APDを延長し、早期の後脱分極(EAD)を誘発します。これにより、不整脈と心機能障害が引き起こされる可能性があります。 したがって、 I Na.L の阻害は、虚血および心不全における治療的介入の潜在的な方法であると考えられています。 この研究では、競合するムスカリン受容体拮抗薬であるトルテロジン(Tol)が、分離ウサギ心室筋細胞の正常およびベラトリジン(Ver) 増強 I Na.L 、逆 I NCX およびAPDに及ぼす影響を調査しました。心臓保護活動。 方法: ウサギの心室筋細胞を準備しました。 I Na.L およびreverse- I NCX は電圧クランプモードで記録されたのに対し、活動電位およびVer誘導の初期後脱分極(EAD)は電流クランプモードで記録

パーキンソン病のUPS障害後のオートファジーの適応変化

パーキンソン病のUPS障害後のオートファジーの適応変化

抽象 目的: ユビキチン-プロテアソームシステム(UPS)およびオートファゴソーム-リソソーム経路(ALP)は、パーキンソン病(PD)のタンパク質分解の原因となる最も重要な機械です。 この研究の目的は 、in vitro および in vivo でのドーパミン作動性ニューロンのプロテアソーム阻害によるオートファジーの適応変化を調査することです。 方法: ヒトドーパミン作動性神経芽細胞腫SH-SY5Y細胞を、プロテアソーム阻害剤ラクタシスチン(5μmol/ L)で5、12、または24時間処理しました。 細胞内のオートファジー関連タンパク質の発現は、免疫ブロット法で検出されました。 UPSの障害を受けたPDのマウスモデルは、2または4週間後に屠殺されたC57BL / 6マウスの左半球へのラクタシスチン(2μg)のマイクロインジェクションによって確立されました。 中脳組織を解剖して、免疫蛍光法、免疫ブロット法、電子顕微鏡法を用いてオートファジーの変化を評価しました。 結果: SH-SY5Y細胞およびUPS障害のPDマウスモデルの中脳の両方で、ラクタシスチンによる治療はLC3-I / IIおよびBeclin 1の発現レベルを有意に増加させ、p-mTOR、mTORおよびp62 /のレベルを低下させました。 SQSTM1。 さらに、PDのUPS障害マウスモデルにおけるラクタシスチン治療は、黒質の

20個の(S)-カンプトテシン類似体の3D-QSAR研究

20個の(S)-カンプトテシン類似体の3D-QSAR研究

抽象 目的: 20( S )-カンプトテシン(CPT)アナログの定量的構造活性相関(QSAR)モデルを構築して、薬物設計のための新しいCPTアナログの活性を予測します。 方法: トポイソメラーゼIの阻害剤である43種類の構造的に多様なCPTアナログのトレーニングセットを使用して、比較分子場分析(CoMFA)で定量的な構造活性相関モデルを構築しました。 QSARモデルは、部分最小二乗(PLS)分析を使用して最適化されました。 このモデルを使用して、10個の化合物のテストセットを評価しました。 結果: CoMFAモデルの構築に成功し、 q 2 が0.495の良好な相互検証相関が得られました。 次に、 r 2 が0.935である非交差検証PLSモデルの分析が構築され、ランダムに選択されたテストセット内の10個のCPTアナログのアクティビティの高い予測可能性の実証が可能になりました。 結論: CoMFAモデルは、CPTの位置9、10、および11にあるかさ高な負電荷グループが活性を増加させることを示しましたが、位置10にかさばるグループを過度に増加させると阻害活性に悪影響を及ぼします。 かさ高い陽性基で位置7を占める置換基は、阻害活性を高めます。 このモデルを使用して、新しいCPTアナログを設計し、アクションのメカニズムを理解できます。

中国人集団における血清尿酸レベルと骨粗鬆症および骨代謝マーカーとの関連

中国人集団における血清尿酸レベルと骨粗鬆症および骨代謝マーカーとの関連

抽象 最近の証拠は、尿酸がいくつかの神経疾患に対して保護的であるが、多くの代謝障害および心血管障害において有害であり得ることを示しています。 この研究では、中国人の男性と閉経後の女性の血清尿酸値と骨代謝の関係を調べました。 合計943人の男性と4256人の閉経後女性が上海で募集されました。 血清尿酸および骨代謝マーカー(BTM)のレベルは、他の生化学的特性とともに検出されました。 さらに、MRIおよび画像分析ソフトウェアを介して脂肪分布を計算し、デュアルエネルギーX線吸収法を使用して骨密度(BMD)を決定しました。 閉経後の女性の場合、骨粗鬆症の有病率は、正常尿症群と比較して高尿酸血症群で有意に低かった( P = 4.65E-06)。 女性では、血清尿酸レベルは骨粗鬆症と有意に関連しており、オッズ比(OR)および95%信頼区間(95%CI)0.844 [0.763; 0.933]( P = 0.0009)年齢、ボディマス指数、HbA1c、除脂肪体重、内臓および皮下脂肪面積、アルブミン、25-ヒドロキシビタミンD3 [25(OH)D3]、および副甲状腺ホルモン(PTH)を調整した後。 女性では、血清尿酸レベルは大腿骨頸部のBMD(β±SE:0.0463±0.0161; P = 0.0042)、総股関節(β±SE:0.0433±0.0149; P = 0.0038)およびL1-4と正の相

高度な糖化最終産物は、NF-κBの活性化とIGF1R発現のダウンレギュレーションを介して、in vitroでヒト大動脈平滑筋細胞の石灰化を促進します

高度な糖化最終産物は、NF-κBの活性化とIGF1R発現のダウンレギュレーションを介して、in vitroでヒト大動脈平滑筋細胞の石灰化を促進します

抽象 目的: 高度な糖化最終産物(AGEs)の影響を in vitro でのヒト大動脈平滑筋細胞(HASMC)の石灰化とその基礎となるメカニズムに調査します。 方法: AGEは人為的に準備されました。 HASMCの石灰化は、培地に無機リン酸塩(Pi、2 mmol / L)を添加することで誘導され、アリザリンレッド染色で観察されました。 上清のカルシウム含有量は、QuantiChrome Calcium Assay Kitを使用して測定しました。 関連するmRNAおよびタンパク質の発現は、それぞれリアルタイムPCRおよびウェスタンブロットを使用して分析しました。 クロマチン免疫沈降(ChIP)アッセイを使用して、NF-κBの推定IGF1Rプロモーターへの結合を検出しました。 結果: AGEs(100μg/ mL)は、HASMCのPi誘発石灰化とオステオカルシンとCbfα1のレベルを著しく高めました。 さらに、治療はインスリン様成長因子1受容体(IGF1R)の発現を減少させました。 HASMCでのIGF1Rの過剰発現は、AGEによるカルシウム沈着の増加を抑制しました。 IGF1R発現がHASMCでノックダウンされたとき、AGEはカルシウム沈着を増強しませんでした。 一方、AGEsは細胞質抽出物中のIκBαおよびFlagタグ付きp65の量を時間依存的に減少させ、HASMCの核p65の量を増

慢性エタノール消費は、ラット骨格筋におけるタンパク質チロシンホスファターゼ-1B(PTP1B)発現をアップレギュレートします

慢性エタノール消費は、ラット骨格筋におけるタンパク質チロシンホスファターゼ-1B(PTP1B)発現をアップレギュレートします

抽象 目的: タンパク質-チロシンホスファターゼ-1B(PTP1B)およびラット骨格筋のインスリン受容体シグナル伝達経路に対する慢性エタノール摂取の潜在的な影響を調査します。 方法: ラットは、22週間、胃管栄養法により、1日用量0(コントロール)、0.5(グループL)、2.5(グループM)または5 g・kg -1 (グループH)のエタノール治療を受けました。 生体内 インスリン感受性は、高インスリン正常血糖クランプを使用して測定されました。 骨格筋におけるPTP1Bの発現は、mRNA(リアルタイムPCR)レベルとタンパク質(ウェスタンブロット)レベルの両方で調べられました。 PTP1B活性は、リン酸 p- ニトロフェノール(PNPP)加水分解法で分析しました。 骨格筋におけ

ヒトメラトニン受容体の新しいリガンドのハイスループットスクリーニングアッセイ

ヒトメラトニン受容体の新しいリガンドのハイスループットスクリーニングアッセイ

抽象 目的: メラトニン(MT)は、主に松果体によって概日的に産生および分泌される神経ホルモンであり、主に2つの受容体サブタイプ:ヒトのMT 1 およびMT 2 を介して作用します。 組織分布の多様性は、各受容体サブタイプの異なる機能を支持しています。 したがって、これらのメラトニン受容体サブタイプの生理学的役割と病理学的プロセスへの影響を決定するために、選択的モジュレーターが必要です。 方法: 均質なMT 1 / MT 2 受容体結合アッセイは、hMT 1 および/またはhMT 2 受容体での新しいリガンドのハイスループットスクリーニングのために確立されました。 機能的特性(アゴニストまたはアンタゴニスト)は、従来のグアノシン-5 '[γ- 35 S]三リン酸(GTP-γS)アッセイにより評価されました。 結果: 48 240の合成および天然化合物のハイスループットスクリーニングキャンペーンにより、3つのhMT 1 受容体選択的低分子拮抗薬と1つのhMT 2 受容体選択的低分子拮抗薬が同定されました。 結論: 調査結果は、これら2つの受容体サブタイプへの化学プローブの拡大に役立つ可能性があります。

現在のオートファジー阻害剤と活性化剤の応用と解釈

現在のオートファジー阻害剤と活性化剤の応用と解釈

抽象 オートファジーは、細胞質物質がリソソームに送達され、リソソームで分解される主要な細胞内分解システムです。 細胞質タンパク質および細胞小器官の品質管理メカニズムとして、オートファジーは、神経変性疾患、癌、心血管疾患、糖尿病、感染症および炎症性疾患を含むさまざまなヒト疾患において重要な役割を果たしています。 ATG 遺伝子の発見とオートファジーの調節に関与するシグナル伝達経路の分析により、このリソソーム分解経路の発生と発達に関する知識が大幅に強化されました。 オートファジーは、分解における役割に加えて、アポトーシスとは異なるタイプIIプログラム細胞死と呼ばれるプログラム細胞死のタイプを促進する可能性もあります。 細胞死におけるオートファジーの二重の役割と疾患の特異性により、さまざまな疾患におけるオートファジーの正確なメカニズムはさらに調査する必要があります。 オートファジー阻害剤および活性剤の適用は、ヒトの疾患におけるオートファジーの調節を理解するのに役立ち、オートファジーを標的とする薬物の使用に関する洞察を提供します。 このレビューでは、オートファジー阻害剤および活性化剤に関する最新の研究を要約し、ヒト疾患治療におけるそれらの応用の可能性について議論します。 前書き 細胞の成長と恒常性は、厳密に調節された生合成および異化のプロセスによって支配されています。 タンパク質とオルガネラ

エモジンはオートファジーを活性化することによりin vitroでラット腎尿細管細胞のシスプラチン誘発アポトーシスを改善する

エモジンはオートファジーを活性化することによりin vitroでラット腎尿細管細胞のシスプラチン誘発アポトーシスを改善する

抽象 目的: 以前のレポートは、中国のハーブルバーブと巨大イタドリ根茎から抽出したエモジンが、抗癌剤であるシスプラチンによるHEK293細胞の損傷を改善できることを示しています。 この研究では、エモジンがin vitroでシスプラチン誘発腎毒性から腎尿細管上皮細胞を保護できるかどうか、およびその方法を調査しました。 方法: 正常ラット腎尿細管上皮細胞(NRK-52E)の生存率とアポトーシスは、それぞれホルマザンアッセイとフローサイトメトリー分析を使用して検出されました。 切断されたカスパーゼ-3、オートファジーメーカーLC3 I / II、およびAMPK / mTORシグナル伝達経路関連タンパク質の発現レベルをウエスタンブロット分析で測定しました。 形態の変化とRFP-LC3蛍光が顕微鏡下で観察されました。 結果: シスプラチン(10-50μmol/ L)はNRK-52E細胞で用量依存的に細胞損傷とアポトーシスを誘発しましたが、エモジン(10および100μmol/ L)はシスプラチン誘発細胞損傷、アポトーシス、およびカスパーゼ-3切断を大幅に改善しました。 エモジンは、用量依存的にLC3-IIレベルを増加させ、NRK-52E細胞でRFP-LC3含有点状構造を誘導した。 さらに、エモジンの保護効果は、バフィロマイシンA1(10 nmol / L)によって廃止され、ラパマイシン(100

韓国人におけるCYP2C9対立遺伝子の頻度とロサルタンの薬物動態に対する影響

韓国人におけるCYP2C9対立遺伝子の頻度とロサルタンの薬物動態に対する影響

抽象 目的: CYP2C9酵素は、臨床的に重要な多数の薬物を代謝します。 この研究の目的は、 CYP2C9 遺伝子型の頻度と、韓国人人口の大規模サンプルにおけるロサルタンの薬物動態に対する選択された対立遺伝子の影響を調査することです。 方法: CYP2C9 遺伝子は、1796人の健康な韓国人被験者で遺伝子型が特定されました。 CYP2C9 対立遺伝子( CYP2C9 * 1、 * 2、 * 3 、および * 13対立遺伝子)は、ポリメラーゼ連鎖反応制限断片長多型(PCR-RFLP)アッセイおよび直接配列決定アッセイを使用して測定されました。 各 CYP2C9 遺伝子型の酵素活性は、ロサルタンを基質として使用して評価されました。 結果: CYP2C9 * 1、 * 3 および * 13 対立遺伝子の頻度は 、 それぞれ0.952(95%信頼区間0.945–0.959)、0.044(95%CI 0.037–0.051)および0.005(95%CI 0.003–0.007)でした。 CYP2C9 * 1 / * 1、 * 1 / * 3、 * 1 / * 13 および * 3 / * 3 遺伝子型の頻度は0.904(95%CI 0.890–0.918)、0.085(95%CI 0.072–0.098)、それぞれ0.009(95%CI 0.005–0.013)および0.001(95%CI 0

高脂血症状態におけるアディポネクチン耐性と血管機能障害

高脂血症状態におけるアディポネクチン耐性と血管機能障害

抽象 インスリンは、短期(血管運動性と抗血栓効果)と長期(平滑筋細胞の成長と遊走の抑制)の両方の利点とともに、血管一酸化窒素産生の刺激に重要な役割を果たします。 血管のインスリン抵抗性(IR)の特徴であるインスリンに対する血管拡張反応の障害は、循環の病態生理に重要な意味を持ちます。 アディポカインとIRの間の関連付けは、糖尿病と非糖尿病の両方の状態で観察されています。 アディポネクチン(APN)は、骨格筋脂肪酸(FA)の酸化を刺激し、脂質の蓄積を減らすことが知られているインスリン感作性アディポカインです。 血管機能調節におけるAPNとインスリン間の潜在的なクロストークの最近の実証は特に興味深い。 慢性高脂肪(HF)食後に肥満状態で観察される脂質の蓄積は、APN耐性と呼ばれる病理学的状態であるAPNに対する血管反応を低下させる可能性があります。 このレビューは、内皮機能の維持におけるインスリン感受性とAPN活性の重要性を強調しています。 メタボリックシンドロームを代表する高脂血症の病的状態における血管IRとAPN抵抗の関係を調査します。 血管インシュリンとAPN耐性の調査は、血管の病態生理学のより良い理解を提供するだけでなく、メタボリックシンドロームの影響を受けた個人の治療の標的化の機会を提供します。 前書き 遊離脂肪酸レベルの上昇、インスリン抵抗性(IR)、および全身性高血圧はすべて

新規ブチリルコリンエステラーゼ阻害剤を同定するためのファーマコフォアベースの仮想スクリーニングおよび密度汎関数理論アプローチ

新規ブチリルコリンエステラーゼ阻害剤を同定するためのファーマコフォアベースの仮想スクリーニングおよび密度汎関数理論アプローチ

抽象 目的: ブチリルコリンエステラーゼ(BChE)機能の阻害に寄与する重要な化学的特徴を、信頼性の高い幾何学的制約とともに特定する。 方法: リガンドベースのファーマコフォアモデリングを使用して、BChE阻害剤の重要な化学的特徴を特定しました。 生成されたファーマコフォアモデルは、フィッシャーのランダム化手法、テストセット、おとりセットなどのさまざまな手法を使用して検証されました。 最適なファーマコフォアモデルを仮想スクリーニングのクエリとして使用して、BChEを阻害する新規の足場を特定しました。 仮想スクリーニングで最良の仮説によって選択された化合物は、薬物のような特性についてテストされ、分子ドッキング研究が適用されて、BChE活性部位におけるヒット化合物の最適な方向が決定されました。 ヒット化合物の反応性を見つけるために、密度汎関数理論を使用してフロンティア軌道分析を実施しました。 結果: その相関係数(0.96)、二乗平均平方根(RMS)偏差(1.01)、および総コスト(105.72)に基づいて、2つのHBA、1つのHy-Ali、および1つのHy-Arからなる定量的仮説Hypo1が選択されました最高の仮説。 したがって、Hypo1は、MaybridgeおよびChembridgeデータベースの仮想スクリーニングで3Dクエリとして使用されました。 ヒット化合物は、ADMET、リピ

2-ヒドロキシ-3-メトキシ安息香酸はFcεRIシグナル伝達経路の調節を介してマウスの肥満細胞媒介性アレルギー反応を減衰させる

2-ヒドロキシ-3-メトキシ安息香酸はFcεRIシグナル伝達経路の調節を介してマウスの肥満細胞媒介性アレルギー反応を減衰させる

この記事の正誤表は2017年3月1日に発行されました 抽象 マスト細胞は、喘息、アトピー性皮膚炎、鼻炎などの免疫グロブリン(Ig)Eを介したアレルギー反応における重要なエフェクター細胞です。 天然物であるバニリン酸は、抗酸化作用と抗炎症作用を示しています。 本研究では、 Amomum xanthioides から分離されたバニリン酸の誘導体であるオルトバニリン酸(2-ヒドロキシ-3-メトキシ安息香酸、 o -VA)の抗アレルギー炎症効果を調査し ました 。 マウスアナフィラキシーモデルでは、 o -VA(2、10、50 mg / kg)の経口投与により、用量依存的にオボアルブミン誘発性の活発な全身性アナフィラキシーと、低体温、ヒスタミン放出、IgE産生、血管拡張などのIgE媒介皮膚アレルギー反応が減弱しました; o -VAの投与は、マスト細胞脱顆粒剤化合物48/80誘発アナフィラキシーも抑制しました。 培養マスト細胞株RBL-2H3および分離ラット腹腔マスト細胞の in vitroで 、 o -VA(1〜100μmol/ L)による前処理は、細胞内遊離カルシウムレベルを低下させることにより、マスト細胞のDNP-HSAによる脱顆粒を用量依存的に抑制しました、炎症誘発性サイトカインTNF-αおよびIL-4の発現を抑制しました。 o -VAでのRBL-2H3細胞の前処理は、Lyn、Syk、

2‐アミノ‐ノニル‐6‐メトキシル‐テトラリンムリエートへの曝露後のカンジダ・アルビカンスのバイオフィルムの転写応答

2‐アミノ‐ノニル‐6‐メトキシル‐テトラリンムリエートへの曝露後のカンジダ・アルビカンスのバイオフィルムの転写応答

抽象 目的: カンジダ・アルビカンス ( Cアルビカンス )バイオフィルムの遺伝子発現プロファイルの変化を次の2アミノノニル6メトキシルテトラリンムリエート(10b)にさらし、 Cアルビカンス バイオフィルムに対する10bのメカニズムを明らかにします。 方法: 10bの抗バイオフィルム活性は、テトラゾリウム(XTT)還元アッセイによって評価され、バイオフィルムに対する作用メカニズムは、cDNAマイクロアレイ分析およびリアルタイムRT-PCRアッセイによって調査されました。 結果: 10個の差次的に発現した遺伝子は、バイオフィルム形成と糸状菌または菌糸の成長に直接リンクしていました( 例 、 NRG1 、 ECE1 および CSA1 )。 遺伝子発現の減少は解糖系( 例: HXK2 および PFK1 )および抗酸化防御( 例: SOD5 )に関与していましたが、遺伝子発現の増加は、β-1, 3グルカン( XOG1 )を特異的に加水分解する酵素、および脂質、脂肪酸に関連していましたおよびステロール代謝( 例えば 、 SLD1 、 ERG6 および ERG2 )。 機能分析により、抗酸化剤アスコルビン酸の添加により、成熟バイオフィルム上の10bの阻害効率が低下することが示されました。 結論: バイオフィルム形成に対する10bの阻害は、おそらくバイオフィルム形成遺伝子の発現の変化を介してその

イブロリピムはTHP-1マクロファージ由来泡沫細胞のLXRαシグナル伝達経路によりABCA1 / G1発現を増加させる

イブロリピムはTHP-1マクロファージ由来泡沫細胞のLXRαシグナル伝達経路によりABCA1 / G1発現を増加させる

抽象 目的: アテローム発生に重要な役割を果たす可能性のあるヒトマクロファージ泡沫細胞からのATP結合膜カセットトランスポーターA-1(ABCA1)およびATP結合膜カセットトランスポーターG-1(ABCG1)の発現に対するイブロリピムの効果と潜在的メカニズムを決定する。 方法: ox-LDLでプレインキュベートしたヒトTHP-1細胞は、泡沫細胞モデルとして機能しました。 リアルタイムRT-PCRを使用して特定のmRNAを定量化し、ウエスタンブロッティングを使用してタンパク質を発現させました。 細胞コレステロール処理は、コレステロール流出実験と高速液体クロマトグラフィーアッセイを使用して研究されました。 結果: イブロリピム5および50μmol/ Lは、THP-1マクロファージ由来泡沫細胞からapoA-IまたはHDLへのコレステロール流出を有意に増加させました。 さらに、ABCA1とABCG1の発現をアップレギュレートしました。 さらに、LXRαもイブロリピム治療により上方制御されました。 さらに、LXRα低分子干渉RNAは、イブロリピムによって誘発された促進効果を完全に無効にしました。 結論: イブロリピムは、ABCA1およびABCG1の発現を増加させ、LXRαシグナル伝達経路によって媒介されたコレステロール流出を促進しました。 前書き 冠動脈疾患(CAD)は、先進社会での死亡の主

8-(トシルアミノ)キノリンはNF-κBシグナル伝達を抑制することにより、マクロファージ介在性炎症を阻害します

8-(トシルアミノ)キノリンはNF-κBシグナル伝達を抑制することにより、マクロファージ介在性炎症を阻害します

抽象 目的: マクロファージを介した炎症反応は、癌、糖尿病、アテローム性動脈硬化症、敗血症性ショックの発症に寄与する可能性があります。 この研究は、マクロファージ介在性炎症を抑制するためのいくつかの新しい化合物の特性を明らかにすることでした。 方法: C57BL / 6雄マウスおよびRAW264.7細胞の腹腔マクロファージを調べました。 リポ多糖(LPS)にさらされた細胞で抗炎症活性が評価されました。 抗炎症活性のメカニズムは、特定のシグナルに応答して転写因子の活性化を測定し、標的キナーゼの活性をアッセイすることにより調査されました。 結果: 試験した7つの候補化合物のうち、8-(トシルアミノ)キノリン(8-TQ、化合物7)は、LPS活性化RAW264.7細胞および腹膜マクロファージでのNO、TNF-α、およびPGE 2 の産生抑制において最も強い活性を示しました( IC 50 値= 1-5μmo

シコニンはROSの過剰産生およびRIP1 / RIP3ネクロソーム形成の促進によりin vitroで神経膠腫細胞壊死を誘発する

シコニンはROSの過剰産生およびRIP1 / RIP3ネクロソーム形成の促進によりin vitroで神経膠腫細胞壊死を誘発する

抽象 壊死は、プロテインキナーゼ1(RIP1)およびRIP3と相互作用する受容体によって調節されるプログラムされた壊死の一種です。 ネクロトーシスは、活性酸素種(ROS)の過剰生産を伴うことがわかっていますが、ネクロトーシスの調節におけるROSの役割は、とらえどころのないままです。 本研究では、癌細胞のネクロトーシス誘導物質であるシコニンが 、in vitro で神経膠腫細胞のネクロトーシスを引き起こすシグナル伝達をどのように調節しているかを調べ ました 。 シコニン(2〜10μmol/ L)で処理すると、ラットC6およびヒトSHG-44、U87、U251神経膠腫細胞株で壊死が誘発され、細胞内ROSの過剰産生が誘発されました。 さらに、シコニン治療は用量依存的にRIP1およびRIP3のレベルを上方制御し、神経膠腫細胞における相互作用を強化しました。 特定のRIP1阻害剤Nec-1(100μmol/ L)または特定のRIP3阻害剤GSK-872(5μmol/ L)による前処理は、シコニン誘発性神経膠腫細胞壊死を予防しただけでなく、細胞内ROSおよびミトコンドリアスーパーオキシドのレベルを大幅に緩和しました。 ミトコンドリアのスーパーオキシドの洗浄剤であるMnTBAP(40μmol/ L)によるROSの緩和は、シコニン誘発神経膠腫細胞壊死を減衰させましたが、スーパーオキシドのミトコンドリ

1-Oxoeudesm-11(13)-eno-12,8a-lactoneはin vitroでヒト膠芽腫細胞のG2 / M停止とアポトーシスを誘導する

1-Oxoeudesm-11(13)-eno-12,8a-lactoneはin vitroでヒト膠芽腫細胞のG2 / M停止とアポトーシスを誘導する

抽象 目的: 1-oxoeudesm-11(13)eno-12, 8a-lactone(OEL)、 Aster himalaicus から分離された新規オイデスマン型セスキテルペンの 、in vitro でのヒト神経膠芽腫細胞の細胞周期とアポトーシスに対する影響を調査します。 方法: ヒト悪性神経膠芽腫細胞株U87およびA172を使用しました。 OTTの細胞毒性は、MTTアッセイを使用して調べられました。 細胞のアポトーシスは、DAPI染色とフローサイトメトリーで評価されました。 DNA損傷は、免疫蛍光染色とウエスタンブロッティングを使用してH2AXのリン酸化を測定することにより決定されました。 細胞周期プロファイルは、フローサイトメトリーで測定されました。 p53およびp21Waf1 / Cip1のmRNA発現は、リアルタイムPCRを使用して調査しました。 γ-H2AX、カスパーゼ-9、カスパーゼ-3、p53、p21Waf1 / Cip1、サイクリンB1、およびcdc2のタンパク質発現をウエスタンブロッティングで分析しました。 結果: 悪性神経膠芽腫細胞をOELで処理すると、用量および時間依存的に細胞増殖が阻害された(U87細胞では48時間および72時間でのIC 50 の値はそれぞれ29.5および16.99μmol/ Lであり、7.2および9.5μmol/ L、それぞれ、A172セ

セボフルランのポストコンディショニングは、ERK1 / 2経路の活性化を介して、虚血再灌流障害から隔離されたラットの心臓を保護します

セボフルランのポストコンディショニングは、ERK1 / 2経路の活性化を介して、虚血再灌流障害から隔離されたラットの心臓を保護します

抽象 目的: セボフルランのポストコンディショニングにおける細胞外シグナル調節キナーゼ(ERK)の役割を in vitroで 誘導した心臓保護を調査します。 方法: 摘出したラットの心臓を30分間虚血させた後、120分間再灌流しました。 セボフルランのポストコンディショニングは、再灌流の開始から15分間、3%セボフルラン(SEVO)を含むO 2 富化ガス混合物の投与によって行われました。 心臓機能、心筋梗塞サイズ、心筋ATPおよびNAD +の 内容、ミトコンドリアの超微細構造、および抗アポトーシスおよび抗腫瘍タンパク質レベルが測定されました。 結果: セボフルランのポストコンディショニングにより、心臓機能が大幅に改善され、梗塞サイズとミトコンドリアの損傷が減少し、I / R心臓の心筋ATPおよびNAD + コンテンツが増加しました。 さらに、セボフルランのポストコンディショニングは、I / R心臓のp-ERKおよびp-p70S6Kのレベルを大幅に増加させ、ポリミン、カスパーゼ-8、切断されたカスパーゼ-3、およびサイトゾルシトクロム c のレベルを低下させました。 ERK1 / 2阻害剤PD98059(20μmol/ L)の同時投与により、セボフルランによる心筋I / Rに対する保護効果が無効になりました。 結論: セボフルランのポストコンディショニングは、単離されたラットの心臓を心

安静時のNMDA受容体のブロック:うつ病の緩和の可能性

安静時のNMDA受容体のブロック:うつ病の緩和の可能性

うつ病は一般的ですが深刻な病気であり、2週間以上続く悲しみを伴う低気分または気分障害の状態として説明されます 1 。 うつ病の人は、睡眠の習慣やパターンの変化、劇的な体重減少、認知機能障害、さらには自殺などの一連の症候群に苦しむ可能性があります。 1つの従来の抗うつ薬は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です 2、3 。 しかし、その効果の数週間の遅延は、この治療 3の 主要な欠点を構成しています。 したがって、うつ病の臨床治療には速効性の抗うつ薬が緊急に必要です。 Autry らは 、 Natureの 最近の号で、 N- メチル -D- アスパラギン酸受容体(NMDAR)拮抗薬が、急速な行動の抗うつ反応を引き起こすことにより、そのような候補になり得ることを報告しました 4 。 以前は、大うつ病性障害の症状を有する患者は、非競合的NMDAR拮抗薬であるケタミンの単回低用量静脈内注入の直後に、効果が最大2週間持続することが観察されました 5, 6 。 このエキサイティングな観察は、著者に基礎となる細胞メカニズムを調査するよう促します。 著者らは、非競合的NMDAR拮抗薬であるケタミン、CPP、およびMK-801が、強制水泳試験(FST)やノベルティ抑制摂食(NSF)などの注目すべき行動反応において、萎led型C57BL / 6マウスの不動性を低下させることを初めて発見しました。また、ケタ

サンギナリンは、アポトーシスを促進し、増殖をブロックすることにより、Rac1bでレンダリングされた細胞の生存強化を阻害します

サンギナリンは、アポトーシスを促進し、増殖をブロックすることにより、Rac1bでレンダリングされた細胞の生存強化を阻害します

抽象 目的: Small GTPase Rac1はRasスーパーファミリーのメンバーであり、細胞骨格の再編成、細胞の成長、増殖、移動 などの 調節に重要な役割を果たします。 この研究の目的は、構成的に活性なRac1bがどのように細胞増殖を調節するかを決定し、Rac1b阻害剤サンギナリンの効果を調査することでした。 方法: GFP、Rac1-GFP、またはRac1b-GFPを安定して過剰発現する3つのHEK293T細胞株は、レンチウイルス感染によって構築されました。 細胞をサンギナリン(1μmol/ L)またはそのアナログベルベリン(1μmol/ L)で4日間処理しました。 細胞数をカウントし、BrdU取り込みアッセイで細胞増殖を評価しました。 切断されたPARP-89(アポトーシスマーカー)およびサイクリンD1(増殖指数)のレベルは、ウエスタンブロッティングを使用して測定しました。 結果: 10%血清含有培地では、Rac1またはRac1bのいずれかを過剰発現しても、細胞増殖は有意に変化しませんでした。 しかし、血清飢ved培地では、Rac1b細胞の生存率は有意に増加しましたが、Rac1細胞の生存率は中程度に増加しました。 切断されたPARP-89のレベルは、血清欠乏Rac1細胞で有意に増加したが、血清欠乏Rac1b細胞では著しく減少した。 サイクリンD1のレベルは、血清飢vedしたR

C-Metのα2,6-hyposialylationは、ST6Gal-IノックダウンHCT116細胞の細胞運動性を無効にします

C-Metのα2,6-hyposialylationは、ST6Gal-IノックダウンHCT116細胞の細胞運動性を無効にします

抽象 目的: 本発明者らは、インテグリンによる以外のα2, 6-シアリル化による、これまで認識されていなかった表面糖タンパク質の潜在的な修飾を調査することを目的とした。 方法: 結腸癌細胞株HCT116におけるβ-ガラクトシドα2, 6-シアリルトランスフェラーゼ(ST6Gal-I)の発現は、siRNAによって減少しました。 接着およびボイデンチャンバーアッセイを使用して、細胞運動性の変動を検出しました。 α2, 6-シアリル化タンパク質は、レクチン親和性アッセイで検出されました。 mRNAの発現、タンパク質の発現、siRNAによる下流シグナル伝達の変調は、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応、フローサイトメトリー分析、ウェスタンブロットを使用して検出されました。 結果: HCT116細胞では、ST6Gal-Iのノックダウンは細胞の運動性を阻害しましたが、細胞接着には影響しませんでした。 この選択的に変化した細胞遊走は、c-Metのα2, 6-シアル酸構造の喪失によって引き起こされました。 さらに、STAT3は、ST6Gal-Iノックダウン(ST6Gal-I-KD)HCT116細胞のチロシン705で脱リン酸化されました。 結論: c-MetはST6Gal-Iの基質です。 c-Metの低シアリル化は、ST6Gal-I-KD HCT116細胞の細胞運動性を無効にすることができます。 前書き 哺乳動

組換えTNFR2融合タンパク質であるBF02は、ラットのTリンパ球を調節することによりアジュバント関節炎を緩和します

組換えTNFR2融合タンパク質であるBF02は、ラットのTリンパ球を調節することによりアジュバント関節炎を緩和します

抽象 目的: ラットのアジュバント関節炎(AA)に対するBF02の治療効果とTリンパ球機能に対するBF02の調節効果を調査する。 方法: SDラットは、フロイントの完全なアジュバントエマルジョンを右後足中足footに1回皮内注射しました。 AAの発症後、ラットにBF02(1、3、または9 mg / kg、皮下注射)を3日ごとに合計15日間注射しました。 メトトレキサートの胃内投与(MTX、0.5 mg / kg、3日ごとに合計15日)が陽性対照薬として使用されました。 関節炎指数、腫脹関節数、足首関節組織病理学、脾臓組織病理学、および足のX線撮影を、AAラットに対する薬物効果を評価するために使用した。 Tリンパ球の機能は、Tリンパ球サイトカインレベル、IL17およびTNF-αmRNA発現レベル、Tリンパ球サブセットの割合を測定することで評価しました。 結果: AAラットでは、著しく高いレベルのIL-1、IL-6、TNF-α、IL-17、LTα、RANKL、およびMMP-13を伴う顕著な二次炎症反応が示されました。 IL17およびTNF-αmRNAの発現もまた、正常ラットよりも

マイクロPETイメージングを使用したアルツハイマー病のラットモデルにおける[18F] O-FEt–PIBの生物学的特性

マイクロPETイメージングを使用したアルツハイマー病のラットモデルにおける[18F] O-FEt–PIBの生物学的特性

抽象 目的: 新しく合成されたポジトロン放出断層撮影(PET)トレーサー、[ 18 F] 2-(4 '-(メチルアミノ)フェニル)-6-フルオロエトキシ-ベンゾチアゾール([ 18 F] O -FEt-PIB)が結合できるかどうかを評価するマイクロPETを使用したアルツハイマー病(AD)のラットモデルにおけるβ-アミロイド凝集体に対する。 方法: [ 18 F] O -FEt-PIBを合成し、ラジオHPLCで精製しました。 3匹のモデルと3匹の対照ラットで、R4 rod歯類モデルスキャナーを使用してPETイメージングを実施しました。 約37 MBqの[ 18 F] O -FEt-PIBを注入した後、各ラットで動的PETスキャンを40分間実行しました。 静的スキャンも各ラットで15分間実行されました。 PETデータは、最大事後確率アルゴリズムによって再構築されました。 冠状PET画像では、関心領域はそれぞれ皮質、半脳[海馬および視床(HT)を含む]に配置され、ラット脳の3Dデジタルマップまたは[ 18 F ] 2-デオキシ-2-フルオロ -D- グルコース([ 18 F] FDG)正常ラット。 時間活動曲線(TAC)は、大脳と小脳について得られました。 2つの半脳間の活動差値(ADV)も計算されました。 結果: 大脳または小脳の[ 18 F] O -FEt-PIBのTACは、初

腎虚血/再灌流障害のプロポフォール減衰にはヘムオキシゲナーゼ-1が関与する

腎虚血/再灌流障害のプロポフォール減衰にはヘムオキシゲナーゼ-1が関与する

抽象 目的: 腎虚血/再灌流(I / R)傷害とヘムオキシゲナーゼ-1(HO-1)の役割でこのプロセスでプロポフォールの保護効果を検討します。 方法: Sprague-Dawleyラットをランダムに3つのグループに分けました。(i)偽手術グループ。 (ii)I / Rグループ; (iii)プロポフォール群。 45分間の両側腎温虚血を実施した。 2、6、および24時間の再灌流後、血液サンプルと腎臓を腎損傷の評価のために収集し、HO-1発現を免疫組織化学分析、RT-PCR、およびウエスタンブロット法で分析しました。 結果: プロポフォール群の血中尿素窒素および血清クレアチニンのレベルは、再灌流後24時間でI / R群のそれよりも有意に低かった。 Pallerの標準による平均組織学的スコアは、プロポフォールが6時間の再灌流後の腎I / R損傷を有意に減衰させることを示した。 プロポフォールは、再灌流の2時間後にHO-1 mRNAおよびタンパク質レベルを増加させたが、HO-1発現は、I / Rグループおよび偽手術グループで同じ時点で非常に低いレベルで存在した。 プロポフォールは、再灌流の6時間後と24時間後に、HO-1 mRNAおよびタンパク質レベルをI / Rよりも著しく増加させました。 結論: これらの結果は、プロポフォールがラットの腎I / R損傷を軽減することを示唆しています。 この

Hyperosideは、in vitroでのLPS刺激ヒト線維芽細胞様滑膜細胞およびコラーゲン誘発関節炎のマウスで抗炎症および抗関節炎効果を発揮します

Hyperosideは、in vitroでのLPS刺激ヒト線維芽細胞様滑膜細胞およびコラーゲン誘発関節炎のマウスで抗炎症および抗関節炎効果を発揮します

抽象 目的: Hyperosideは、主に Hypericum および Crataegus 属の植物に見られるフラボノール配糖体で、抗酸化、抗癌、抗炎症作用を示しています。 この研究では 、in vitro でヒトリウマチ線維芽細胞様滑膜細胞(FLS)および in vivo でマウスコラーゲン誘発関節炎(CIA)に対するhyperosideの効果を調査しました。 方法: FLSは、関節リウマチ(RA)患者から得られた一次滑膜組織から単離され、LPS(1μg/ mL)に曝露されました。 細胞の生存率と増殖は、MTTおよびBrdUアッセイで測定されました。 細胞移動は、創傷治癒アッセイとトランスウェルアッセイを使用して評価されました。 NF-κBのDNA結合は、TransAM-NFkappaBキットを使用して測定されました。 p65サブユニットの局在は免疫細胞化学で検出されました。 CIAは、CFAで乳化されたウシII型コラーゲン(CII)による一次免疫、および3週間後のブースター注射によってマウスに誘導されました。 関節炎のマウスをハイパーロシド(25、50 mg・kg -1 ・d -1 、ip)で3週間処理し、組織学的分析のために関節組織を採取した。 結果: ハイパーロシド(10、50、100μmol/ L) は、in vitro でヒトRA FLSのLPSによる増殖と遊走を用量依存

レスベラトロール類似体3,4,4'-トリヒドロキシ-トランス-スチルベンはin vitroでヒト非小細胞肺癌細胞のアポトーシスとオートファジーを誘導する

レスベラトロール類似体3,4,4'-トリヒドロキシ-トランス-スチルベンはin vitroでヒト非小細胞肺癌細胞のアポトーシスとオートファジーを誘導する

抽象 目的: 3, 4, 4'-trihydroxy-trans-stilbene(3, 4, 4'-THS)、レスベラトロールの類似体が in vitro でヒト非小細胞肺癌(NSCLC)細胞 に 及ぼす影響を調査する。 方法: NSCLC A549細胞の細胞生存率は、MTTアッセイによって決定されました。 フローサイトメトリーとTUNELアッセイを使用して、細胞アポトーシスを評価しました。 細胞壊死はLDHアッセイで評価されました。 アポトーシスまたはオートファジー関連タンパク質の発現は、ウエスタンブロッティングを使用して測定されました。 酸性区画の形成は、AO染色、ニュートラルレッド染色、およびリソトラッカーレッド染色を使用して検出されました。 LC3涙点を蛍光顕微鏡で分析しました。 結果: 3, 4, 4'-THS(10-80μmol/ L)で処理すると、細胞生存率が濃度依存的に阻害されました。 それは細胞壊死を引き起こさなかったが、切断されたPARP、カスパーゼ3/9およびBaxの上方制御、ならびにBcl-2の下方制御および生存を伴うアポトーシスを誘発した。 また、細胞内の酸性コンパートメントの形成、LC3-II蓄積およびGFP-LC3標識オートファゴソームが増加しました。 それはmTOR依存性経路を阻害したが、オートファジーのフラックスを損なわなか

Wenshen Zhuangguの式はマウス異種移植モデルで乳癌の骨転移を効果的に抑制する

Wenshen Zhuangguの式はマウス異種移植モデルで乳癌の骨転移を効果的に抑制する

抽象 Wenshen Zhuangguフォーミュラ(WSZG)は、乳癌患者の骨転移の予防のためのアジュバントとして使用される伝統的な漢方薬です。 この研究では、骨転移の予防におけるWSZGの有効性と、乳癌骨転移のマウス異種移植モデルにおける潜在的なメカニズムを調査しました。 このモデルは、ヒトMDA-MB-231BO-Luc乳癌細胞単独または癌細胞と骨髄由来間葉系幹細胞(BMSC)の混合物を、雌ヌードマウスの心臓の左心室に注入することによって確立されました。 次に、マウスをWSZG(3.25、6.5または13.0 mg・kg -1 ・d -1 、ig)で4週間治療しましたが、ゾレドロン酸(100μg/ kg週、ig)を陽性対照として使用しました。 骨転移の発生と発生は、生物発光イメージングによって監視され、骨病変はマイクロCTを使用して評価されました。 MDA-MB-231BO-Luc乳がん細胞とBMSCの混合物の心臓内注射は、乳がん細胞の骨転移能を著しく促進し、乳がん骨転移のマウス異種移植モデルで骨病変を悪化させました。 WSZGの投与は、骨転移の発生率と強度を用量依存的に抑制し、破骨細胞の形成と腫瘍細胞の浸潤を抑制することにより骨病変から保護しました。 さらに、WSZGの投与により、骨転移組織におけるCCL5 / CCR5およびIL-17B / IL-17BRの発現が著しく低下し

Sirt1過剰発現は、NF-κBシグナル伝達経路を抑制することにより、in vitroでTNF-αによる損傷からマウスの骨芽細胞を保護します

Sirt1過剰発現は、NF-κBシグナル伝達経路を抑制することにより、in vitroでTNF-αによる損傷からマウスの骨芽細胞を保護します

抽象 目的: サーチュイン1(Sirt1)は、NF-κBシグナル伝達経路を妨害するクラスIIIヒストン/タンパク質デアセチラーゼであり、それにより抗炎症機能があります。 この研究は、Sirt1が in vitro でTNF-αによる損傷から骨芽細胞を保護できるかどうかを調べるために行われました。 方法: マウス骨芽細胞系、MC3T3-E1を使用しました。 MC3T3-E1細胞におけるSirt1タンパク質の過剰発現は、Sirt1過剰発現アデノウイルスによる細胞のトランスフェクションにより行われました。 mRNAおよびタンパク質のレベルは、それぞれqRT-PCRおよびウェスタンブロッティングで決定されました。 NF-κBの活性は、NF-κBルシフェラーゼアッセイを用いて調べられました。 NO濃度は、グリース法を使用して測定しました。 結果: MC3T3-E1細胞をTNF-α(2.5〜10 ng / mL)で処理すると、Sirt1タンパク質の発現が濃度依存的に抑制されました。 TNF-α(5 ng / mL)は、細胞のアポトーシスの増加とALP活性の減少をもたらしました。 細胞でのSirt1の過剰発現は、アポトーシスの抑制、ALP活性の増加、Runx2およびオステオカルシンmRNAの発現の増加により、TNF-α誘発性損傷を有意に減衰させました。 さらに、細胞におけるSirt1の過剰発現は、

レンゲ属多糖類は、AMPKの活性化を介して、糖尿病状態でグルコース毒性を軽減し、グルコース恒常性を回復します

レンゲ属多糖類は、AMPKの活性化を介して、糖尿病状態でグルコース毒性を軽減し、グルコース恒常性を回復します

抽象 目的: AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)依存経路を介して発生した レンゲ 多糖(APS)によるグルコース毒性の改善の根底にあるメカニズムを確立します。 方法: グルコース恒常性に対するAPSの in vivo および in vitroの 効果を、2型糖尿病(T2DM)ラットモデルで調べました。 T2DMラットモデルは、高脂肪食(脂肪58%、炭水化物25.6%、タンパク質16.4%)と少量のストレプトゾトシン(STZ、25 mg / kg、ip)によって複製されました。 APS療法(700 mg・kg -1 ・d -1 、ig)を8週間行った後、血糖、グリコシル化ヘモグロビン、および血清インスリンを測定しました。 インスリン感受性は、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とHOMA IRインデックスの包括的な分析によって評価されました。 肝グリコーゲンはPAS染色法で観察されました。 骨格筋AMPKαとアセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の発現と活性、および肝臓グリコーゲンシン

PKCβ阻害剤であるLY333531は、ダウンレギュレートしているスウィプロシン-1を介してマウス糖尿病性腎症の初期段階で糸球体内皮細胞アポトーシスを減衰させます

PKCβ阻害剤であるLY333531は、ダウンレギュレートしているスウィプロシン-1を介してマウス糖尿病性腎症の初期段階で糸球体内皮細胞アポトーシスを減衰させます

抽象 糸球体内皮細胞(GEC)傷害は、糖尿病性腎症(DN)の初期段階で重要な役割を果たしています。 以前の研究は、PKCβ阻害剤がDNの治療に有効であることを示しています。 現在の研究では 、in vivo でのストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスおよび高グルコースまたはPMAで処理されたヒト腎糸球体内皮細胞(HRGECs)のDNのGECアポトーシスに対するPKCβ阻害剤の効果と分子メカニズムをさらに調査しました。 糖尿病マウスでは、高血糖症は、強力なアポトーシス促進タンパク質であるスウィプロシン-1の発現の有意な増加を伴う悪化した腎症とGECアポトーシスを引き起こしました。 LY333531(1 mg・kg -1 ・d -1 の8週間)の投与は、糖尿病マウスにおけるGECアポトーシスとスウィプロシン-1の上方制御の両方を有意に減衰させました。 同様の結果が 、in vitro で高グルコースまたはPMA処理HRGEC で 観察されました。 スウィプロシン-1のアポトーシス促進の役割は、RNA干渉または過剰発現を媒介するレンチウイルスで処理されたHRGECおよびスウィプロシン-1-ノックアウトマウスを使用してさらに調べられた。 HRGECでのスウィプロシン-1の過剰発現は、アポトーシスおよびカスパーゼ-9、カスパーゼ-3、およびBax発現の増加をもたらしました。 対照的に、スウィプロシ

血中グルコース濃度が正常な閉経後の中国人女性における血清オステオカルシン濃度と非アルコール性脂肪肝疾患の逆相関

血中グルコース濃度が正常な閉経後の中国人女性における血清オステオカルシン濃度と非アルコール性脂肪肝疾患の逆相関

抽象 目的: オステオカルシンは、動物モデルおよびヒトの非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の進行に関与しています。 この研究では、閉経後の中国人女性における血清オステオカルシンレベルとNAFLDの関係を調査しました。 方法: この横断研究では、血糖値が正常な合計733人の閉経後女性(年齢範囲:41〜78歳)が登録されました。 脂質低下薬または降圧薬を服用している女性は除外されました。 血清オステオカルシンレベルは、電気化学発光イムノアッセイを使用して評価されました。 各被験者のNAFLD進行の程度は、超音波検査によって評価されました。 各被験者の脂肪肝指数(FLI)を計算して、肝脂肪症の程度を定量化しました。 結果: 登録されたすべての被験者の血清オステオカルシンの中央値は21.99 ng / mLでした(四分位範囲:17.84〜26.55 ng / mL)。 NAFLDのある被験者は、NAFLDのない被験者(22.31 ng / mL;範囲:18.55–27.06 ng / mL; P <0.01)と比較して、血清オステオカルシンレベル(18.39 ng / mL;範囲:16.03–23.64 ng / mL)が有意に低かった。 血清オステオカルシンレベルは、FLI値の増分変化を四分位数で除算して減少しました(トレンドの P 値<0.01)。 交絡因子を調整した後で

In vitroでの細胞ベースのモデルを使用したCYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10の代謝能力に対する植物化学物質の阻害効果

In vitroでの細胞ベースのモデルを使用したCYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10の代謝能力に対する植物化学物質の阻害効果

抽象 目的: ハーブ製品は広く使用されており、ハーブと薬物の相互作用の安全性は集中的な懸念を引き起こしています。 この研究 は、in vitro でのヒトCYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10の触媒活性に対する植物化学物質の影響を調査することを目的としています。 方法: HepG2細胞にCYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10発現ベクターを安定的にトランスフェクトしました。 酵素の代謝動態は、HPLCおよび蛍光測定を使用して研究されました。 結果: HepG2-CYP2D6 * 1およびHepG2-CYP2D6 * 10細胞株の構築に成功しました。 スクリーニングされた63のフィトケミカルのうち、100μmol/ Lで硫酸コプチシン、ビロバライド、シザンドリンB、ルテオリン、シザンドリンAおよびプエラリンを含む6種の化合物が、CYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10を介したクマリン化合物AMMCの O 脱メチル化を阻害しました50%以上。 さらに、これらの化合物による阻害は用量依存的でした。 Eadie-Hofsteeプロットは、これらの化合物がCYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10を競合的に阻害することを示しました。ただし、CYP2D6 * 1およびCYP2D6 * 10の K i 値は非常に近く、遺伝子型依存性のハーブ薬物阻害は2バリアント。

新規の強力なPPARαアゴニストであるAVE8134は、異脂肪血症マウスおよび2型糖尿病ラットの脂質プロファイルおよびグルコース代謝を改善します

新規の強力なPPARαアゴニストであるAVE8134は、異脂肪血症マウスおよび2型糖尿病ラットの脂質プロファイルおよびグルコース代謝を改善します

抽象 目的: AVE8134は構造的に新しい強力なPPARαアゴニストです。 この研究の目的は、異脂肪血症マウスと2型糖尿病ラットの脂質プロファイルとグルコース代謝に対するAVE8134の有効性を調査することです。 方法: 細胞ベースのPPAR Gal4トランス活性化アッセイは、3つの異なるPPARアイソフォーム での AVE8134の活性を in vitro で試験するために構築されました。 トランスジェニックヒトApo A1(hApo A1)マウスとインスリン抵抗性ZDFラットを使用して 、in vivo でAVE8134の効果を評価しました。 結果: AVE8134は、完全なPPARα優位PPARアゴニストでした(ヒトおよびげっ歯類のPPARα受容体のEC 50 の値は、それぞれ0.01および0.3μmol/ Lでした)。 AVE8134は、PPARδ受容体で活性ではありませんでした。 雌hApo A1マウスでは、AVE8134(1〜30 mg・kg -1 ・d -1 、12日間経口投与)により血漿トリグリセリドが用量依存的に低下し、血清HDLコレステロール、hApo A1およびマウスApo Eレベルが増加しました。 雌ZDFラットでは、AVE8134(3〜30 mg・kg -1 ・d -1 で2週間)がインスリン感受性指数を改善しました。 糖尿病前症の雄ZDFラット(7週齢)

VEGF /カベオリン-1シグナル伝達の遮断は、ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットのファスジルの腎保護に寄与する

VEGF /カベオリン-1シグナル伝達の遮断は、ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットのファスジルの腎保護に寄与する

抽象 目的: RhoA / ROCKシグナル伝達は糖尿病性腎症で重要な役割を果たし、ROCK阻害剤ファスジルは実験的糖尿病性腎症で腎保護を発揮します。 本研究では、糖尿病性腎症のラットモデルにおけるファスジルの保護作用の根底にある分子メカニズムを調査しました。 方法: ストレプトゾトシン(STZ)誘発糖尿病ラット。ファスジルまたは陽性対照薬のエナラプリルが8か月間経口投与されました。 代謝パラメーターと血圧は治療中に評価されました。 ラットを安楽死させた後、組織学的および分子生物学的研究のために腎臓サンプルを収集しました。 腎臓におけるVEGF、VEGFR1、VEGFR2およびフィブロネクチンの発現、ならびにSrcおよびカベオリン-1のリン酸化は、RT-PCR、ウェスタンブロットおよび免疫組織化学アッセイを使用して評価されました。 VEGFR2とカベオリン1の間の関連付けは、免疫沈降で分析しました。 結果: ファスジル(30および100 mg.kg -1 ・d -1 )またはエナラプリル(10 mg / kg、1日2回)の慢性投与は、糖尿病ラットの糸球体硬化症およびアルブミン尿を有意に減衰させました。 さらに、ファスジル治療は、VEGF、VEGFR1、VEGFR2、およびフィブロネクチンの上方制御、および腎皮質のVEGFR2とカベオリン-1の関連性の増加を防ぎ、腎臓のチロシン14のS

ケモカインとアテローム性動脈硬化:CX3CL1 / CX3CR1経路に注目

ケモカインとアテローム性動脈硬化:CX3CL1 / CX3CR1経路に注目

抽象 現在、アテローム性動脈硬化症は炎症性疾患と見なされています。 多くの注意は、アテローム性動脈硬化性心血管疾患の予後/診断マーカーまたは治療標的としての炎症性メディエーターの潜在的な役割に集中しています。 CX3CL1(またはフラクタルカイン)は、アテローム性動脈硬化症で十分に実証された役割を持つ構造的および機能的にユニークなケモカインです。 膜結合形態では、ローリング白血球の血管壁への強固な接着を促進し、可溶性形態では、CX3CR1発現細胞の強力な化学誘引物質として機能します。 さらに、CX3CL1は内皮に細胞毒性効果を、血管細胞に抗アポトーシスおよび増殖効果を発揮し、アテローム硬化性プラークの状況と安定性に影響を与えます。 動物モデルに関する研究により、CX3CL1 / CX3CR1経路の遮断がアテローム性動脈硬化の重症度を改善することが示されましたが、遺伝疫学により、遺伝的に定義された活性の低いCX3CL1 / CX3CR1経路がヒトのアテローム性動脈硬化症のリスクの低下と関連していることが確認されました。 いくつかの研究は、アテローム発生およびプラークの不安定化におけるCX3CL1 / CX3CR1の重要な病原性の役割を支持していますが、これは必ずしもこの経路が適切な治療標的であること、またはCX3CL1が予後/診断バイオマーカーとして機能できることを示唆しているわけでは

薬物耐性癌細胞における抗P糖タンパク質との結合によるクルクミン搭載PLGAナノ粒子の細胞取り込みと細胞毒性の強化

薬物耐性癌細胞における抗P糖タンパク質との結合によるクルクミン搭載PLGAナノ粒子の細胞取り込みと細胞毒性の強化

抽象 目的: 多剤耐性子宮頸がん細胞の標的および非標的薬物送達システムによって送達されるクルクミン(Cur)の抗癌活性と細胞取り込みを比較します。 方法: Curは、ナノ沈殿技術を使用して、修飾プルロニックF127安定剤の存在下で、ポリ(DL-ラクチド-co-グリコリド)(PLGA)ナノ粒子(Cur-NP)に閉じ込められました。 Cur-NPの表面では、修飾プルロニックF127のカルボキシ末端が抗P糖タンパク質(P-gp)(Cur-NPs-APgp)のアミノ末端に結合していました。 粒子サイズ、ゼータ電位、粒子形態、およびCur放出動態を含むCur-NPの物理的特性を調査しました。 Cur-NPsおよびCur-NPs-APgpの細胞取り込みと特異性は、蛍光顕微鏡を使用して子宮頸がん細胞株KB-V1(P-gpの高発現)およびKB-3-1(P-gpの低発現)で検出されましたそれぞれ、フローサイトメトリー。 Cur-NPsおよびCur-NPs-APgpの細胞毒性は、MTTアッセイを使用して決定しました。 結果: Cur-NPsおよびCur-NPs-APgpの粒子サイズは、それぞれ127および132 nmでした。 Cur-NPs-APgp(60%および5μgCur / mg NP)の取り込み効率と実際の負荷は、Cur-NPs(99%および7μgCur / mg NP)よりも低かった。 KB-

哺乳マウスおよびin vitroでの致命的なハンタンウイルス感染に対するアルビドールの有効性

哺乳マウスおよびin vitroでの致命的なハンタンウイルス感染に対するアルビドールの有効性

抽象 目的: Arbidolは、ロシアで最初に開発された免疫調節薬です。 この研究では 、in vitro および in vivo でのハンビアンウイルス(HTNV)に対するアルビドールの抗ウイルス活性を報告します。 方法: インビトロ でのアルビドールの抗ウイルス活性は、プラーク形成アッセイにより決定され、0.5〜8μg/ mLの範囲でした。 アルビドールが in vivo で抗ウイルス効果 を 有するかどうかを調べるため、HTNVに感染した哺乳BALB / cマウスを、5、10、または20 mg・kg -1 ・d -1の 感染の24時間前にアルビドールで処理しました。 10日間。 感染後12日および28日(pi)に、組織病理学的変化とウイルス抗原が検出されました。 感染後4、8、12、および16日目に、標的臓器のウイルス量およびアルビドール処理動物の血清TNF-αレベルを測

子宮平滑筋収縮の調節におけるストレッチ活性化カリウム電流の役割

子宮平滑筋収縮の調節におけるストレッチ活性化カリウム電流の役割

抽象 早産の割合は驚くべきものであり、世界中の社会や医療システムを脅かしています。 早産は、症例の50%以上で早産につながります。 早産は、乳児の罹患率と死亡率の4分の3を占めます。 妊娠34週間前に出生を生き延びた子供は、生涯にわたる障害に直面することがよくあります。 早産の現在の治療法が必要です。 一般に有効な治療法は見つかっておらず、48時間を超えて体系的に評価されているものはありません。 早産の治療に対する新しいアプローチが切実に必要です。 私たちの研究室からの最近の研究は、子宮筋は他の平滑筋とは異なり子宮弛緩の調節を行うユニークな区画であることを示唆しています。 ここでは、機械的に活性化された2孔カリウムチャネルTREK-1が子宮平滑筋の収縮緩和シグナル伝達に寄与し、 TREK-1 遺伝子変異体がヒト陣痛および早期陣痛に関連する可能性があるという最近の証拠について説明します早産とその予防の可能性。 前書き 早産および未発達の胎児の出産は、毎年世界中で約1300万人の出生に影響を与えています 1 。 未熟児だけで毎年死亡する乳児の数は、米国の2万人(4%)からサブサハラアフリカの120万人の新生児死亡のうち28万人(28%)に及びます 2 。 未熟児を生き延びた人々は、人間の重大な悲劇を構成する慢性的な健康障害を数多く抱えており、社会にとって莫大な費用がかかり、第三世界の発展

In vitroでの糖質工学的抗EGFRモノクローナル抗体セツキシマブの機能特性評価

In vitroでの糖質工学的抗EGFRモノクローナル抗体セツキシマブの機能特性評価

抽象 目的: 抗ヒト上皮成長因子受容体モノクローナル抗体(EGFR mAb)セツキシマブの in vitro での糖鎖工学的形態の生化学的特徴と活性を評価する。 方法: チャイニーズハムスター二等分グリコシル化酵素(GnTIII)および抗ヒトEGFR mAbをコードする遺伝子をクローニングし、CHO DG44細胞で共発現させました。 これらの細胞によって生成された二分グリコシル化組換えEGFR mAb(bisec-EGFR mAb)は、そのグリカンプロファイル、抗増殖活性、Fc受容体結合親和性、および細胞溶解能力に関して特徴付けられました。 bisec-EGFR mAbのガラクトース-α-1, 3-ガラクトース(α-Gal)の含有量は、HPAEC-PADを使用して測定しました。 結果: bisec-EGFR mAbは、二分するN-アセチルグルコサミン残基の含有量が高かった。 野生型EGFR mAbと比較して、bisec-EGFR mAbは、抗体依存性細胞傷害性アッセイで細胞溶解能力が3倍高く、ヒト類表皮癌細胞株A431に対して1.36倍高い抗増殖活性を示しました。 さらに、bisec-EGFR mAbは、野生型EGFR mAbよりもヒトFcγRIaおよびFcγRIIIa-158Fに対して高い結合親和性を示しました。 さらに、セツキシマブ誘発性過敏症反応の原因であるα-Galは、bis

IL-3およびCTLA4遺伝子多型は、中国の腎臓移植レシピエントにおけるタクロリムスの用量要件に影響を与える可能性があります

IL-3およびCTLA4遺伝子多型は、中国の腎臓移植レシピエントにおけるタクロリムスの用量要件に影響を与える可能性があります

抽象 非常に多様な薬物動態とタクロリムス(TAC)の狭い治療ウィンドウは、その臨床使用を妨げています。 遺伝子多型は可変反応に寄与する可能性がありますが、証拠は説得力がなく、説明は明確ではありません。 この研究では、TACの線量要件に影響を与える可能性のある、これまで知られていなかった遺伝的要因を見つけようとしました。 105経路関連一塩基多型(SNP)のTAC用量調整濃度(C0 / D)との関連付けは、382の中国の腎臓移植レシピエントで術後7、30、90 dで調べた。 CYP3A5 非発現者では、 IL-3 rs181781 AA遺伝子型を持つ患者は、術後30および90日でAG遺伝子型を持つ患者よりも有意に高いTAC logC0 / Dを示しました(AA 対 AG、2.21±0.06 対 2.01±0.03 、 P = 0.004;および2.17±0.06 vs 2.03±0.03、 P = 0.033)、およびGG遺伝子型が30 dの場合(AA vs GG、2.21±0.06 vs 2.04±0.03、 P = 0.011)。 30日目に、 CTLA4 rs4553808のグループ化されたAG + GG遺伝子型のTAC logC0 / Dは、 CYP3A5 発現装置のAA遺伝子型のそれよりも有意に低かった( P = 0.041)が、非-エクスプレス。 さらに、TAC C0 /

Salvia miltiorrhizaBurge(Danshen):心血管治療における黄金の漢方薬

Salvia miltiorrhizaBurge(Danshen):心血管治療における黄金の漢方薬

抽象 Salvia miltiorrhiza Burge(Danshen)は、幅広い心血管および脳血管保護作用を有する著名な薬草であり、何世紀にもわたってアジア諸国で使用されてきました。 蓄積された証拠は、ダンシェンとその成分が血管疾患、特に、アテローム性動脈硬化症、心筋梗塞、心筋虚血/再灌流障害、不整脈、心臓肥大、心臓線維症などの心臓病を予防することを示唆しています。 公開された文献は、親油性成分(タンシノンI、タンシノンIIa、タンシノンIIb、クリプトタンシノン、ジヒドロタンシノン など )および親水性成分(ダンシェンス、サルビアノール酸AおよびB、プロトカテクアルデヒド、 など )がダンシェンの心血管保護作用に寄与することを示しています、これらの構成要素間の潜在的な相乗効果を示唆しています。 ここでは、心血管作用とDanshenの主要な薬理学的に有効な成分の治療の可能性に関する体系的な最新のレビューを提供します。 これらの生理活性化合物は、低分子心血管薬の発見における優れた薬剤候補として役立ちます。 この記事は、心血管治療におけるDanshenの伝統的な使用を理解するための科学的根拠も提供します。 前書き Danshen、 Salvia miltiorrhiza Burgeの根茎の乾燥根は、冠動脈性心疾患、心筋梗塞(MI)、狭心症、アテローム性動脈硬化症を含む心血管疾患の治療

ラットへの静脈内注射後の異なる遷移金属リソスペルメートB複合体の代謝産物の検出

ラットへの静脈内注射後の異なる遷移金属リソスペルメートB複合体の代謝産物の検出

抽象 目的: 伝統的な漢方薬ダンシェン( Salvia miltiorrhiza )から分離されたLithospermate B(LSB)は、効果的なNa + / K + -ATPase阻害剤であり、うっ血性心不全の治療に使用されます。 Na + / K + -ATPaseでのLSBの阻害は、遷移金属イオンと錯体を形成することにより増強されます。 ここでは、ラットにおけるさまざまな遷移金属-LSB錯体の安全性と代謝物を調査しました。 方法: 6種類の遷移金属イオン(Mg 2+ 、Zn 2+ 、Cr 3+ 、Co 2+ 、Ni 2+ およびMn 2+ )と複合化したLSBを調製しました。 成体雄性SDラットに異なる金属LSB複合体(50 mg / kg、iv)を注射し、その胆汁および血液サンプルを採取しました。 サンプル中の金属-LSB錯体の代謝物は、質量分析を使用して分析されました。 結果: Mg 2+ 、Zn 2+ 、Cr 3+ 、Ni 2+ またはMn 2+ で複合化したLSBを注射したラットでは、LSBとその4つの推定代謝物が胆汁サンプルで同等に検出されました。 Mn 2+ -LSBは、他の4つの金属LSB錯体と比較して、明確な代謝物プロファイルを示しました。 4つの推定代謝物は、3-モノメチル-LSB、3, 3 ''-ジメチル-LSB、3, 3 '&#

肝チトクロームP450酵素およびナトリウム/胆汁酸共輸送体の阻害は、レフルノミド誘発肝毒性を悪化させる

肝チトクロームP450酵素およびナトリウム/胆汁酸共輸送体の阻害は、レフルノミド誘発肝毒性を悪化させる

抽象 目的: レフルノミドは、疾患修飾性抗リウマチ薬として販売されている免疫抑制剤です。 しかし、致命的な肝炎や肝不全などの重篤な副作用を引き起こします。 本研究では、レフルノミドとその主要代謝物テリフルノミドの肝代謝と輸送のレフルノミドによる肝毒性の in vitro および in vivo への寄与を調べた。 方法: レフルノミドとテリフルノミドの代謝と毒性は 、in vitro で初代ラット肝細胞 で 評価されました。 肝シトクロムP450レダクターゼnull( HRN )マウスを使用して 、in vivo でのレフルノミドのPKプロファイリングと肝毒性を調べました。 ナトリウムと胆汁酸の共輸送体(NTCP)の発現と機能は、ラットとヒトの肝細胞およびNTCPでトランスフェクトされたHEK293細胞で評価されました。 雄のSprague-Dawley(SD)ラットにテリフルノミド(1, 6、12 mg.kg -1 ・d -1 、ig)を4週間投与した後、血液サンプルを分析しました。 結果: 非特異的CYPs阻害剤であるアミノベンゾトリアゾール(ABT、1 mmol / L)は、ラット肝細胞のレフルノミドのIC 50 値を409から216μmol/ Lに減少させたのに対し、別の非特異的CYPs阻害剤プロアジフェン(SKF、30μmol/ L)は、 4時間でレフルノミドを3.68倍に

ミノサイクリンは、脊髄星状細胞のNF-κBを阻害することにより、ラットの骨癌の痛みを軽減します

ミノサイクリンは、脊髄星状細胞のNF-κBを阻害することにより、ラットの骨癌の痛みを軽減します

抽象 目的: ラットの骨癌痛(BCP)に対するミノサイクリンの抗侵害受容効果の基礎となるメカニズムを調査します。 方法: Walker 256乳がん細胞を脛骨髄管に接種することにより、BCPのラットモデルが確立されました。 2週間後、ラットにミノサイクリン(50、100μg、髄腔内、または40、80 mg / kg、腹腔内)を3日間連続で1日2回注射しました。 疼痛行動を評価するために、機械的足引っ込め閾値(PWT)を使用しました。 ラットを安楽死させた後、免疫ブロット分析のために脊髄を採取した。 NF-κB活性化に対するミノサイクリンの効果は 、in vitro でIL-1β で 刺激された初代ラット星状細胞でも調べられました。 結果: BCPラットは骨破壊が顕著であり、手術後7日目と14日目に機械的触覚異痛を示した。 ミノサイクリン(100μg)のくも膜下腔内注射またはミノサイクリン(80 mg / kg)の腹腔内注射は、BCP誘発性機械的触覚異痛を逆転させました。 さらに、ミノサイクリン(80 mg / kg)の腹腔内注射は、脊髄でのBCPによるGFAP(アストロサイトマーカー)およびPSD95の上方制御を逆転させました。 さらに、ミノサイクリン(80 mg / kg)の腹腔内注射は、脊髄におけるNF-κB、p-IKKα、およびIκBαのBCP誘発アップレギュレーションを逆転さ

マウスの非小細胞肺癌の脳内転移の治療における不可逆的ErbBファミリーブロッカーであるアファチニブの有効性

マウスの非小細胞肺癌の脳内転移の治療における不可逆的ErbBファミリーブロッカーであるアファチニブの有効性

抽象 現在、脳転移(BM)を伴う非小細胞肺癌(NSCLC)の治療に有効な治療選択肢はほとんどありません。 最近のエビデンスでは、BMsのNSCLC患者がアファチニブによく反応することが示されていますが、根本的なメカニズムについてはほとんど知られていません。 この研究では、マウスのBMの治療におけるアファチニブの有効性を評価し、アファチニブが脳血液関門に積極的に浸透してその標的に結合できるかどうかを調べました。 NSCLC BMモデルは、PC-9.luc細胞の脳内注射によりヌードマウスで確立されました。 腫瘍は 、in vivo 定量的生物発光を使用 して 毎週測定さ れました 。 マウスに14日間、アファチニブ(15、30 mg・kg -1 ・d -1 、ig)を投与する。 アファチニブの抗腫瘍効果は、[1-(治療群/対照群における腫瘍体積の変化)×100]として計算された腫瘍成長阻害(TGI)によって決定されました。 薬物動態特性は、アファチニブの単回投与(30 mg / kg、ig)を受けたマウスで測定されました。 アファチニブの薬力学は、免疫組織化学を使用して脳腫瘍病巣のpEGFR(Tyr1068)の発現を検出することによっても評価されました。 アファチニブ(15、30 mg・kg -1 ・d -1 )の投与は、d14でそれぞれ90.2%および105%のTGIで脳のPC-9腫瘍

LLDT-67は、NGF発現をアップレギュレートすることにより、マウスのMPTP誘発神経毒性を軽減します

LLDT-67は、NGF発現をアップレギュレートすることにより、マウスのMPTP誘発神経毒性を軽減します

抽象 目的: トリプトライドの新規誘導体であるLLDT-67の神経保護効果をMPTP誘発マウスパーキンソン病(PD)モデルおよび初代培養星状細胞で調査し、作用メカニズムを解明する。 方法: PDを誘発するために、C57BL / 6マウスにMPTP(30 mg / kg、ip)をd 2からd 6に毎日注射しました。 マウスにLLDT-67(1、2、または4 mg / kg、 po )を毎日d 1からd 11まで投与しました。 。 新生児C57BL / 6マウス子犬の皮質からの初代培養星状細胞 をin vitroでの 研究用 に 準備し ました 。 結果: MPTP処理マウスでは、LLDT-67の投与により、黒質のチロシンヒドロキシラーゼ陽性ニューロンの損失が大幅に減少し、行動の変化が改善されました。 LLDT-67(4 mg / kg)は、マウスの黒質および線条体の星状細胞におけるNGFの発現を有意に増加させました。 さらに、LLDT-67の投与により、マウスモデルグループと比較して、チロシン751でTrkAのリン酸化が約2倍増加し、セリン473でAKTのリン酸化が著しく増加しました。 培養星状細胞では、LLDT-67(1および10 nmol / L)は培地中のNGFレベルをそれぞれ179%および160%増加させました。 結論: LLDT-67の神経保護効果は、主に中脳の星状細胞におけ

Vitex rotundifoliaから単離されたフラボノイドであるCasticinは、in vivoおよびin vitroでのプロラクチン放出を阻害します

Vitex rotundifoliaから単離されたフラボノイドであるCasticinは、in vivoおよびin vitroでのプロラクチン放出を阻害します

抽象 目的: Vitex rotundifolia から分離されたフラボノイドであるカスティシンの抗高プロラクチン血症活性を調査し、その分子機構を解明する。 方法: 高プロラクチン血症(MIHP)は、SDラットにメトクロプラミド二塩酸塩(50 mg / kg、tid、ip、10日間)を投与することで誘発され、SDラットの下垂体から一次下垂体細胞を調製しました。 プロラクチン濃度は、ラジオイムノアッセイを使用して測定されました。 細胞生存率は、MTTアッセイを使用して測定しました。 ラット下垂体細胞におけるエストロゲン受容体アルファおよびベータのmRNA発現は、半定量的RT-PCR分析を使用して測定されました。 結果: MIHPモデルグループの血清プロラクチンのレベルは、未処理のコントロールグループのレベルよりも2.1倍高かった( P <0.01)。 Casticin(10、20、40 mg / kg、ip、7日間)は、血清プロラクチンレベルをそれぞれ33.9%、54.3%、64.7%減少させました( P <0.01)。 陽性対照薬のブロモクリプチン1 mg / kgは、MIHPラットの血清プロラクチン濃度を44.9%減少させました。 17β-エストラジオール(E2)は下垂体細胞の増殖を有意に増加させ、カスティシン(1および10μmol/ L)はE2誘発下垂体細胞の増殖をそ

食事による塩の摂取と脳卒中

食事による塩の摂取と脳卒中

脳卒中は、死亡の主な原因の1つです。 脳卒中の危険因子には、高血圧、冠状動脈性心臓病、糖尿病、肥満が含まれます 1。ここ で、高血圧が最大の危険因子です。 世界中で、高血圧は死亡の主要な予防可能な危険因子です。 脳卒中の54%を引き起こします 2 。 脳卒中は先進国の主要な死亡原因の1つですが、アジア人口に対する血圧上昇の影響も懸念を引き起こしています。 2002年と同様、高血圧症は中国の人口のほぼ20%に影響を及ぼしており、1億6千万人に達します 3 。 また、脳卒中は、中国の人口 3 における高血圧の主要な合併症です。 中国医師会は、2009年に300万人の脳卒中死を報告し、1985年の2倍以上になりました 3 。 ナトリウムは、血液量、血圧、浸透圧平衡およびpHの調節に不可欠ですが、食事性ナトリウム(塩)の過剰摂取は体液貯留とそれに続く血圧の上昇につながります。動物、臨床、疫学研究を含むさまざまな証拠、高血圧の発症とその後の脳卒中リスクの増加に関連する主要な要因の1つとして、過剰な食事性ナトリウム摂取が関係している 2 。 Canadian Stroke Networkは、ナトリウムの消費量を健康的なレベル(1500 mg / d未満)にすると、高血圧の発生率が30%減少し、100万人以上のカナダ人に達すると推定しました 4 。 カナダでナトリウムの消費が半分になった場合、心筋

小胞体Ca 2+恒常性の喪失:脳虚血中の神経細胞死への寄与

小胞体Ca 2+恒常性の喪失:脳虚血中の神経細胞死への寄与

抽象 脳虚血中 のCa 2+ ホメオスタシスの喪失は、差し迫った神経細胞死の特徴です。 したがって、Ca 2+の 低い静止細胞質レベルを維持するためにかなりの細胞資源が費やされる。 これらには、Ca 2+の 隔離と輸送に関与するタンパク質のホストによる寄与が含まれ、その多くはリソソーム、ミトコンドリア、小胞体(ER)を含む細胞内オルガネラ内で発現します。 ERによるCa 2+の 隔離は、サイトゾルのCa 2+ 動態と恒常性に寄与します。 さらに、ER Ca 2+ 内では、多くの生理学的プロセスの調節において中心的な役割を果たしています。 逆に、ER Ca 2+ ホメオスタシスの障害は、病理学的プロセスの重要な引き金です。 ここでは、ER機能不全が神経損傷と虚血後の喪失に寄与する重要な要因であることを示唆する増大する一連の証拠をレビューします。 具体的には、虚血中の細胞質Ca 2+ 上昇に対するERの寄与が考慮され、ER恒常性と機能を混乱させる結果として募集されるシグナル伝達カスケードも考慮されます。 メイン すべての真核細胞に存在する重要な細胞小器官である小胞体(ER)は、細管、水槽、小胞の連続したネットワークで構成されています。 ERは、膜脂質とタンパク質の合成に貢献します。 また、細胞内カルシウム動態の調節にも貢献しています。 ERが細胞膜(PM)で開始されたCa 2+ シグナル

電位依存性ニューロンKv7 / KCNQ / Mチャネルの薬理学的調節はラット前頭前野スライスの錐体ニューロンの固有の興奮性とシナプス応答を変化させる

電位依存性ニューロンKv7 / KCNQ / Mチャネルの薬理学的調節はラット前頭前野スライスの錐体ニューロンの固有の興奮性とシナプス応答を変化させる

抽象 高認知に重要な前頭前野(PFC)は、アルツハイマー病、うつ病、統合失調症などの精神神経疾患に関係しています。 電圧活性化Kv7 / KCNQ / MチャネルまたはM電流は、脳機能の基本的なメカニズムを定義する神経興奮性を調節します。 ただし、PFCニューロンの興奮性を調節するM電流機能かどうかはとらえどころのないままです。 この研究では、ラット脳スライスのPFCレイヤーV錐体ニューロンからのネイティブM電流を記録し、PFC錐体ニューロンの固有の興奮性とシナプス応答を調節することを示しました。 特定のMチャネルブロッカーXE991(40μmol/ L)またはオープナーレチガビン(10μmol/ L)を適用すると、それぞれM電流が阻害または活性化されました。 電流クランプ記録では、M電流の抑制は、平均スパイク周波数の増加と最初のスパイク間インターバル(ISI)の減少、スパイク開始遅延、高速後過分極(fAHP)によって証明されましたが、M電流の活性化は反対の原因となりました反応。 さらに、M電流の抑制は、興奮性シナプス後電位(EPSP)の振幅を大幅に増加し、ミニチュアEPSC(mEPSC)周波数に影響を与えることなく、静止膜電位(RMP)を脱分極しました。 これらのデータは、電位依存性ニューロンKv7 / KCNQ / M電流がPFCニューロンの興奮性とシナプス伝達を調節することを示

細胞外Ca 2+の減少は、ニトロプルシドにより誘導される弛緩よりも内皮依存性弛緩を減弱させる

細胞外Ca 2+の減少は、ニトロプルシドにより誘導される弛緩よりも内皮依存性弛緩を減弱させる

抽象 目的: ウサギ大動脈における内皮依存性および非依存性の両方の弛緩に対する外部Ca 2+ ([Ca 2+ ] o )の低下の効果を定量的に評価すること。 方法: 孤立した大動脈の等尺性収縮と弛緩が記録されました。 リラクセーションに対する[Ca 2+ ] oの 減少の影響を評価する場合、通常の[Ca 2+ ] o 溶液を1つの大動脈の還元[Ca 2+ ] o 溶液の1つに置き換え、対の大動脈には通常の[Ca 2+ ] o 溶液。 結果: 無傷の内皮細胞に依存するアセチルコリン(ACh)誘発弛緩の程度は時間依存性であり、0.02〜2 mmol / Lの範囲で[Ca 2+ ] o と反比例します。 AChによる弛緩は、PGF2αによって誘発される収縮前の大きさによって大きくは変化しませんでした。 内皮に依存しないニトロプルシドによる弛緩も、[Ca 2+ ] oの 減少により減衰します。 AChに対する弛緩薬の反応は、ニトロプルシドが誘発する弛緩薬よりも、[Ca 2+ ] oの 減少に対して有意に感受性が高かった。 L 型CaチャンネルブロッカーメトキシベラパミルであるD600の最大限有効なリラックス濃度(10 -5 mol / L)は、AChによる弛緩を減衰させましたが、ニトロプルシドによる弛緩はD600の影響を受けませんでした。 結論: したがって、内皮依存性弛緩は、内皮非依存性弛

心血管の健康と病気におけるAMPK

心血管の健康と病気におけるAMPK

抽象 アデノシン一リン酸活性化プロテインキナーゼ(AMPK)は、セリン/スレオニンキナーゼであり、Snf1 / AMPKプロテインキナーゼファミリーのメンバーであり、機能的な酵素を一緒に作る3つのタンパク質サブユニットで構成されています。 肝臓、脳、骨格筋を含む多くの組織で発現するAMPKは、AMP:ATP比の上昇によってアロステリックに活性化されます( つまり 、低ATPまたはエネルギー枯渇状態)。 AMPK活性化の正味の効果は、エネルギー消費(同化)経路を停止することですが、エネルギー保存(異化)細胞経路を促進することです。 したがって、AMPKは「代謝マスタースイッチ」と呼ばれることがよくあります。 AMPKは、心血管系において重要な生理学的役割も果たします。 増加する証拠は、AMPKが酸化ストレスに応答することによりセンサーとして機能することを示唆しています。 最も重要なこととして、AMPKは内因性の抗酸化遺伝子発現を調節し、および/または酸化剤の生成を抑制します。 AMPKは、心臓および血管組織の最適な酸化還元バランスを確保することにより、心血管の恒常性を促進します。 機能不全のAMPKは、いくつかの心血管病理の根底にあると考えられています。 ここでは、このキナーゼの構造と発見から、心血管系における適応的および不適応的役割の現在の知識まで、このキナーゼをレビューします。 前

硫酸化α-D-グルカンであるWSS45は、in vitroでデング熱2ウイルス感染を強く妨害します

硫酸化α-D-グルカンであるWSS45は、in vitroでデング熱2ウイルス感染を強く妨害します

抽象 目的: 初期感染と細胞内複製を含むデング熱ウイルス血清型2(DV2)の増殖サイクルにおける Gastrodia elata Bl由来のα -D- グルカンの硫酸化誘導体の1つであるWSS45の作用機序を調べる。 方法: BHK細胞におけるウイルス増殖は、qRT-PCR、プラーク減少アッセイ、およびフローサイトメトリーによって監視されました。 初期のウイルス感染は、温度を変換して酸性グリシンで処理することにより、吸着と浸透のステップに分けられました。 表面結合ビリオンは、Evelopeタンパク質の免疫蛍光染色により検出されました。 結果: WSS45は、BHK細胞のDV2感染を効果的に阻害し、EC 50 値は0.68±0.17μg/ mLであり、ウイルスサイクルの非常に初期の段階で、主にウイルス吸着を妨げました。 しかし、WSS45は殺ウイルス効果を示さなかった。 さらに、WSS45は、BHK細胞株の細胞表面からのウイルスの剥離を増加させる可能性があります。 結論: WSS45は、ウイルスと標的細胞間の相互作用を妨げることにより、DV2に強力な阻害効果を発揮しました。 この活性は、その分子サイズに関連していた。 前書き フラビウイルスは、約80のメンバーで構成される フラビウイルス科の 属です。 ほとんどのフラビウイルスは、黄熱病ウイルス(YFV)、デング熱ウイルス(DV)、西ナ

リダマイシンは、骨髄腫細胞に対して非常に強力な細胞毒性を示し、マウスの腫瘍成長を阻害します

リダマイシンは、骨髄腫細胞に対して非常に強力な細胞毒性を示し、マウスの腫瘍成長を阻害します

抽象 目的: マウス骨髄腫細胞株(SP2 / 0)およびヒト多発性骨髄腫細胞株(U266およびSKO-007)に対するリダマイシン(LDM)の影響を調査し、癌治療におけるLDMの使用の基礎を提供します。 方法: 3- [4, 5-ジメチルチアゾール-2-イル] 5- [3-カルボキシメトキシフェニル] -2- [4-スルホフェニル] 2 H- テトラゾリウム内部塩(MTS)アッセイを使用して、増殖阻害の程度を決定した。この研究で分析された薬物。 細胞周期の分布と分析は、ヨウ化プロピジウム(PI)染色と組み合わせたフローサイトメトリーによって測定されました。 アポトーシスに対する影響は、Hoechst 33342染色およびフルオレセイン-イソチオシアネート-アネキシンV /ヨウ化プロピジウム(FITC-アネキシンV / PI)染色と組み合わせたフローサイトメトリーによって測定されました。 タンパク質発現は、ウエスタンブロット分析によって決定されました。 BALB / cマウスのマウス骨髄腫モデルを使用して、 in vivoの 抗腫瘍活性を測定しました。 結果: LDMによる治療後、細胞増殖の有意な減少がありました。 全体的な成長阻害は、アポトーシス細胞死の増加と相関していた。 LDM誘導細胞アポトーシスは、c-Jun-N末端キナーゼ(JNK)の活性化、およびカスパーゼ-3/7およびポリ

新規薬剤はヒト白血病細胞を阻害します

新規薬剤はヒト白血病細胞を阻害します

ウアベイン(OUA)とピリチオン亜鉛(PZ)は、急性骨髄性白血病(AML)の治療薬として有望であることが証明されています。 1040食品医薬品局が承認した薬剤からのスクリーニングから選択した両方の薬剤は、培養AML細胞のアポトーシスを誘導する能力を示し、細胞に対する中毒効果を示します。 研究はまた、免疫が欠如しているマウスに注入されたヒトAML細胞の成長を阻害し、AML患者の末梢血から原発性AML細胞を殺すことにおける薬物の効率を明らかにします 1 。 AMLは、正常な血液細胞の産生を妨げる骨髄および血液中の未熟な血液形成細胞が多すぎることを特徴とする、急速に進行する悪性疾患です。 血液細胞の形成および発達の通常のプロセスでは、正常な細胞は、制御されていない成長をせずに、未熟な血液形成細胞から徐々に成熟します。 しかし、単一の悪性AML細胞は遺伝的および/またはエピジェネティックな変化を蓄積し、未成熟状態で細胞を「凍結」させ、AML 2の 分化を防ぎます。 これを、増殖を制御する遺伝子を破壊する他の異常な変化と組み合わせると、結果は制御されない増殖および/または細胞の未熟なクローンの異常な生存であり、AML 3の 臨床的実体をもたらす。 悪性細胞は、多くの場合、原始血球 4の マーカーである表面マーカーCD34を保有しています。 したがって、悪性細胞を除去するために、AMLの成功した

内皮細胞における3,5-ジカフェオイルキナ酸によるリポ多糖誘発損傷の予防

内皮細胞における3,5-ジカフェオイルキナ酸によるリポ多糖誘発損傷の予防

抽象 目的: リポ多糖類(LPS)に対する3, 5-ジカフェオイルキナ酸(3, 5-diCQA)の影響を調査するには、ヒト皮膚微小血管内皮細胞(HMEC-1)の損傷を誘発しました。 方法: 抗酸化効果は、脂質過酸化のラット肝臓ミクロソームモデルでマロンジアルデヒド(MDA)アッセイを使用して検出されました。 細胞生存率は、3-(4, 5-ジメチルチアゾール-2-イル)-2, 5ジフェニルテトラゾリウムブロマイドアッセイを使用して分析しました。 細胞の過酸化脂質損傷は乳酸脱水素酵素(LDH)放出によって測定されました。 アポトーシス細胞はフローサイトメトリーで検出され、DNA断片化分析で確認されました。 カスパーゼ-3活性は、特定のアッセイキットを使用して測定されました。 細胞内活性酸素種(ROS)のレベルは、2, 7-ジクロロジヒドロフルオレセインジアセテート蛍光プローブを用いたフローサイトメトリーによって決定されました。 結果: ミクロソームをアスコルビン酸-Fe 2+ に曝露すると、MDAのレベルの増加に応じて脂質過酸化が生じました。 MDAの形成は、5、10、または50 umol / L 3, 5-diCQAでの治療で用量依存的に減少しました。 LPSで16時間処理すると、細胞生存率が60%低下し、LDH放出が47.6%から61.5%に増加しました。 DNAラダーリングは、アガ

Suxiao Jiuxin錠剤で処理した心臓間葉系幹細胞のエキソソームは、in vitroでマウス心筋細胞のH3K27デメチラーゼUTX発現を減少させる

Suxiao Jiuxin錠剤で処理した心臓間葉系幹細胞のエキソソームは、in vitroでマウス心筋細胞のH3K27デメチラーゼUTX発現を減少させる

抽象 Suxiao Jiuxin pill(SJP)は、中国の急性冠症候群の治療のための伝統的な漢方薬で、テトラメチルピラジン(TMP)とボルネオール(BOR)の2つの主成分を含んでいます。 しかし、これまでのところ、心臓の微小環境に対するSJPの有益な効果の根底にある分子メカニズムは不明です。 心臓間葉系幹細胞(C-MSC)は、微小胞(エキソソーム)の放出を介して心筋細胞(CM)と通信し、部分的にエピジェネティックな調節機構を介して心臓の恒常性を回復し、修復を誘発します。 この研究では、SJP治療がC-MSC由来のエキソソーム(SJP-Exos)を変化させ、レシピエントCMでエピジェネティックな色のリモデリングを引き起こすかどうかを調べました。 マウスの心臓から分離されたC-MSCは、SJP(SJP-Exos)、TMP(TMP-Exos)、またはBOR(BOR-Exos)で前処理されました。 次に、マウス心筋細胞系であるHL-1細胞を、コントロールC-MSC(Ctrl-Exos)、SJP-Exos、TMP-Exos、またはBOR-Exosのエキソソームで処理しました。 SJP-Exosによる治療は、HL-1細胞におけるヒストン3リジン27トリメチル化(H3K27me3)、心臓転写抑制の重要なエピジェネティックなクロマチンマーカーのタンパク質レベルを大幅に増加させました。 SJP-E

低酸素症と酸化還元反応によるラット心室筋細胞のKATP電流の調節

低酸素症と酸化還元反応によるラット心室筋細胞のKATP電流の調節

抽象 目的: 本研究では、急性隔離ラット心室筋細胞におけるK ATP 電流( I K ATP )に対する酸化還元剤と低酸素の可能な調節メカニズムを調査しました。 方法: 単一チャネルおよび全細胞パッチクランプ技術を使用して、急性単離ラット心室筋細胞のK ATP 電流( I KATP )を記録しました。 結果: 酸化型グルタチオン(GSSG、1 mmol / L)は I KATPを 増加させましたが、還元型グルタチオン(GSH、1 mmol / L)は正常酸素中に増加した I KATPを 逆転させることができました。 K ATP チャネルに対するレドックス剤の効果をさらに確認するために、レドックス対DTT(1 mmol / L)/ H 2 O 2 (0.3、0.6、および1 mmol / L)を使用し、前のプロセスを繰り返しました。正常酸素中に以前の酸化還元カップルGSH / GSSGと同様の結果が得られました。 H 2 O 2 は濃度依存的に I KATP を増加させましたが、これはDTT(1 mmol / L)によって逆転しました。 さらに、15分間の低酸素状態では I KATP が増加しましたが、GSH(1 mmol / L)では増加した I KATPを 逆転させることができました。 さらに、低酸素症と酸化還元剤によって増強された I KATPの シグナル伝達経路を研究するために

スキサンドリンBは、ラット心臓のカルシウムイオン誘発性透過性移行に対するミトコンドリアの感受性を低下させ、虚血再灌流障害から保護します

スキサンドリンBは、ラット心臓のカルシウムイオン誘発性透過性移行に対するミトコンドリアの感受性を低下させ、虚血再灌流障害から保護します

抽象 目的: スキサンドリンB(Sch B)によってもたらされる心臓保護の根底にある分子メカニズムを解明するために、Ca 2+ 刺激透過性移行(PT)に対するミトコンドリアの感受性に対するSch B処理の影響を、正常および虚血下のラット心臓で調査しました。 -再灌流(IR)状態。 結果: 心筋のIR損傷は、 in vitroでの Ca 2+ 刺激PTに対するミトコンドリアの感受性の増加を引き起こしました。 ミトコンドリアPTに対する感度の向上は、ミトコンドリアのCa 2+ 含有量の増加と 、in vitro での反応性オキシダント種の産生および in vivo でのシトクロムc放出の程度と関連していました。 IR誘発損傷に対するSch B前処置により提供される心臓保護は、特にIR条件下で、Ca 2+ 刺激PTに対する心筋ミトコンドリアの感受性の低下と並行した。 結論: この結果は、Sch B処理が心筋ミトコンドリアのCa 2+ 刺激PTに対する耐性を高め、IR誘発組織損傷から保護することを示唆しています。

アフリカツメガエル卵母細胞に発現するhKv1.5およびHERGカリウムチャネルの遮断におけるテルミサルタンの電気薬理学的特性

アフリカツメガエル卵母細胞に発現するhKv1.5およびHERGカリウムチャネルの遮断におけるテルミサルタンの電気薬理学的特性

抽象 目的: この研究の目的は、選択的アンギオテンシンIIタイプ1受容体拮抗薬であるテルミサルタンの、hKv1.5および アフリカツメガエル 卵母細胞で発現するヒトエーテル-ア-ゴー-ゴー関連遺伝子(HERG)チャネルに対する阻害作用を調べることでした。 方法: hKv1.5およびHERGチャネルは アフリカツメガエル 卵母細胞で発現し、2マイクロ電極電圧クランプ技術を使用して研究されました。 結果: hKv1.5チャネルでは、テルミサルタンは電圧および濃度依存性の抑制を引き起こしました。 遮断の有効性は、ピーク電流と1.5秒のエンドパルス電流で異なり、7.75%±2.39%(半最大阻害濃度[IC 50 ] = 2.25±0.97μmol/ L)および52.64%±3.77%(IC 50 = 0.82±

オーファン核内受容体Nur77は、コレラ毒素によって誘導されるC6神経膠腫細胞の分化に必要です。

オーファン核内受容体Nur77は、コレラ毒素によって誘導されるC6神経膠腫細胞の分化に必要です。

抽象 目的: ラットC6神経膠腫細胞のコレラ毒素誘導性分化に関与する可能性のある調節遺伝子を調査します。 方法: コレラ毒素によって誘導されるmRNA発現パターンの全体的な変化は、遺伝子チップマイクロアレイを使用して分析しました。 次に、選択した遺伝子をRNA干渉によって沈黙させるか、ORFプラスミドで過剰発現させて、このプロセスでの必要性を判断しました。 結果: オーファン核内受容体ファミリー(NR4A)のメンバーであるNur77は、分化の過程で著しく上方制御されていました。 さらに、nur77のRNAiは、C6細胞に対するコレラ毒素の誘導効果を減衰させましたが、nur77の過剰発現は、形態学的およびバイオマーカーの変化、ならびに細胞周期停止を含む同様に分化した行動をもたらしました。 結論: Nur77は、C6細胞のコレラ毒素による分化の重要な調節因子として、積極的かつ本質的に参加しました。 前書き 星状細胞腫由来の神経膠腫は、ヒトで最も一般的な原発性脳腫瘍であり、すべての原発性脳腫瘍の60%以上を占めています 1 。 化学療法、放射線療法、外科手術など、ほとんどの悪性多形性膠芽腫(GBM、WHOグレードIV)腫瘍の治療は、緩和措置であると認められています。 GBM患者の生存期間の中央値は、過去25年間でほとんど改善されていません 2 。 原発性癌の分化療法は、最近提案されたばかり

局所的なタンパク質送達のための複合グリシジルメタクリレートデキストラン(Dex-GMA)/ゼラチンナノ粒子

局所的なタンパク質送達のための複合グリシジルメタクリレートデキストラン(Dex-GMA)/ゼラチンナノ粒子

抽象 目的: 成長因子の局所送達は、組織工学および再生医療の将来の治療戦略として大きな可能性を秘めています。 この研究では、歯周再生の成長因子を送達する目的で、ナノ粒子ビヒクルが作成および評価されました。 方法: グリシジルメタクリレート誘導体化デキストラン(Dex-GMA)およびゼラチンに基づく新規複合ナノ粒子は、有機溶媒を使用せずに簡単な方法で製造されました。 得られたナノ粒子の構成は、透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡、原子間力顕微鏡によって評価されました。 それらの表面はゼータ電位測定によって特徴付けられ、その後、膨潤、分解、薬物放出、細胞毒性などの特性も in vitro モデルを使用 して 調査さ れ ました。 結果: Dex-GMA /ゼラチンナノ粒子(DG-NP)の粒子サイズは20〜100 nmの範囲で、単分散のサイズ分布(平均直径53.7 nm)と強く負の表面ゼータ電位(-20 mV)を示しました。 DG-NPは、デキストラナーゼを含む培地での優れた膨潤および分解特性によって特徴付けられました。 in vitro 薬物放出研究は、DG-NPからの効率的な骨形成タンパク質(BMP)放出が、負荷されたBMPの90%以上が放出される分解条件下で12日間以上維持されることを示しました。 24時間の細胞毒性試験では、DG-NPに起因する関連する細胞損傷は認められませんでした。

ラット冠動脈平滑筋細胞の大コンダクタンスCa 2+活性化K +チャネルおよび電位依存性K +チャネルに対するドコサヘキサエン酸の影響

ラット冠動脈平滑筋細胞の大コンダクタンスCa 2+活性化K +チャネルおよび電位依存性K +チャネルに対するドコサヘキサエン酸の影響

抽象 目的: ドコサヘキサエン酸(DHA)がラットの冠動脈平滑筋細胞(CASMC)の大コンダクタンスCa 2+ 活性化K + (BK Ca )チャネルおよび電圧依存性K + (K V )チャネルに及ぼす影響を調査します。 方法: ラットCASMCは、酵素消化法によって分離されました。 個々のCASMCのBK Ca およびK V 電流は、室温の全セル構成でパッチクランプ技術により記録されました。 BK Ca およびK V チャネルに対するDHAの効果は、10、20、30、40、50、60、70、および80μmol/ Lで適用した場合に観察されました。 結果: DHA濃度が10μmol/ Lを超えると、BK Ca 電流が用量依存的に増加しました。 試験電位+80 mV、6.1%±0.3%、76.5%±3.8%、120.6%±5.5%、248.0%±12.3%、348.7%±17.3%、374.2%±18.7%、432.2%±21.6% 、およびBK Ca 電流の443.1%±22.1%は、それぞれ上記の濃度で増加しました。 BK Ca 電流に対するDHAの半有効濃度(EC 50 )は、37.53±1.65μmol/ Lでした。 DHA濃度が20μmol/ Lを超えると、DHAの濃度を上げることでK V 電流が徐々にブロックされました。 +50 mVのテスト電位で、0.40%±0.02%、

MMP-3活性の阻害およびバイオフラボノイドによるMDA-MB-231ヒト浸潤性乳癌細胞株の浸潤

MMP-3活性の阻害およびバイオフラボノイドによるMDA-MB-231ヒト浸潤性乳癌細胞株の浸潤

抽象 目的: ストロメリシン1(マトリックスメタロプロテイナーゼ3; MMP-3)は、腫瘍の浸潤と転移に関与することが知られている酵素です。 この研究では、ケルセチン、ケンペロール、ゲニステイン、ゲニスチン、ダイゼインなどの野菜や果物のフラボノイドを、MDA-MB-231乳癌細胞株のMMP-3の分泌と活性を調節する能力についてテストしました。 さらに、MDA-MB-231細胞浸潤に対するフラボノイドの in vitro 効果を調査し ました 。 方法: MTTアッセイを使用して、フラボノイドの毒性濃度範囲を評価しました。 MDA-MB-231細胞が侵入する能力は、改変ボイデンチャンバーシステムを使用して評価されました。 MMP-3の活性は、カゼインザイモグラフィーによって決定されました。 MMP-3の分泌は、ウエスタンブロッティング、カゼインザイモグラフィーを使用して評価され、ELISAによって確認されました。 結果: いくつかの推定フラボノイド、 すなわち ケルセチンおよびケンフェロール(フラボノール)は、濃度依存的にMDA-MB-231細胞の in vitro 浸潤を有意に阻害し、IC 50 値はそれぞれ27および30μmol/ Lでした。 ケルセチンおよびケンフェロールも用量依存的にMMP-3活性を低下させ、IC 50 値はそれぞれ30μmol/ Lおよび45μmol/ Lの範

ウサギ小腸に対するタキキニンの収縮効果

ウサギ小腸に対するタキキニンの収縮効果

抽象 目的: ウサギ小腸からの縦および円形の平滑筋の自然収縮におけるタキキニン受容体の役割を研究し、サブスタンスP(SP)の作用機序を決定する。 方法: ウサギの十二指腸、空腸、回腸のセグメントが準備されました。 等尺性力変換器を介してコンピューターを使用して、縦横の平滑筋の自然収縮を記録しました。 タキキニン受容体の特定のアゴニストおよびアンタゴニストが臓器浴に追加されました。 結果: タキキニンNK1受容体(SPおよび[Sar9] SP)、NK2受容体(NKAおよび(β-Ala8)-NKA)、およびNK3受容体(NKBおよびSenktide)のアゴニストはすべて、小腸の収縮を誘発しました。 収縮は、NK1受容体拮抗薬L-733, 060、NK2受容体拮抗薬GR-94800、およびNK3受容体拮抗薬SB 218795によって減少しました。SPによる収縮も、アトロピン、ベラパミル、PKC阻害剤スタウロスポリン、PLC阻害剤U73122によって減少しました。 結論: タキキニンNK1、NK2、およびNK3受容体は、ウサギの腸の平滑筋の収縮を仲介します。 さらに、SPはタキキニンNK1受容体を介して平滑筋細胞に直接作用します。 前書き タキキニン(TK)は、哺乳類の中枢および末梢神経系全体に分布する神経ペプチドのファミリーです。 TKは、哺乳動物の胃腸管のニューロンおよび細胞(平滑筋、分

Polygonum multiflorum Thunb誘発肝障害の分子メカニズムの洞察:計算システム毒物学アプローチ

Polygonum multiflorum Thunb誘発肝障害の分子メカニズムの洞察:計算システム毒物学アプローチ

抽象 ハーブ誘発性肝障害(HILI)の症例数が増加していることが報告されており、新しい臨床的課題を提示しています。 本研究では、Polygonum multiflorum Thunb(PmT)を例にとり、HILIの分子メカニズムを調査するための計算システム毒性学アプローチを提案しました。 まず、PmTの化学成分は、3つの主要なTCMデータベースおよび天然物に関連する文献から抽出されました。 次に、データ統合を通じて既知のターゲットを収集し、潜在的な化合物とターゲットの相互作用(CTI)を、サブストラクチャー薬物ターゲットネットワークベースの推論(SDTNBI)メソッドを使用して予測しました。 HILIの症状を評価することにより肝毒性関連遺伝子をスクリーニングした後、化合物と標的の相互作用ネットワークが構築されました。 スコア関数、すなわち、Ascoreは、肝臓における化学物質の毒性を推定するために開発されました。 ネットワーク解析を実施して、BiNGO、経路強化、臓器分布分析、CYP450酵素との相互作用の予測などの分析ツールを使用して、二相性効果の可能なメカニズムを決定しました。 PmTの化学成分のうち、腸吸収性の良い54成分が分析に使用され、2939 CTIが得られました。 BioGPSデータベースのmRNA発現データを分析した後、1599個のCTIと肝臓病に関連する125個のタ

オリドニンは、in vitroでNPM1c +急性骨髄性白血病細胞のNPM変異体タンパク質転座とアポトーシスを誘導します

オリドニンは、in vitroでNPM1c +急性骨髄性白血病細胞のNPM変異体タンパク質転座とアポトーシスを誘導します

抽象 目的: NPM変異タンパク質(NPM1c +)の歪んだ細胞質蓄積は、白血病の病因と密接に関連しています。 この研究の目的は、中国の伝統医学である Rabdosia rubescens から分離されたジテルペノイドであるオリドニンがNPM1c +タンパク質輸送を妨害し 、in vitro でNPM1c +急性骨髄性白血病細胞のアポトーシスを誘導できるかどうかを調査することでした。 方法: NPM1遺伝子変異を保有するOCI-AML3細胞株を調べました。 細胞増殖はMTTアッセイにより検出されました。 フローサイトメトリーとヘキスト33258染色を使用して、細胞アポトーシスを評価しました。 関連タンパク質の発現と細胞内局在は、ウエスタンブロットと免疫蛍光染色によって検出されました。 mRNA発現はRT-PCRによって検出されました。 結果: オリドニン(2〜12μmol/ L)は、OCI-AML3細胞の生存率を用量依存的に抑制しました(24時間でIC 50 値は3.27±0.23μmol/ Lでした)。 さらに、オリドニンは、カスパーゼ-3の活性化およびNPM1c +タンパク質の核移行を伴うOCI-AML3細胞のアポトーシスを誘導しました。 オリドニンは、Crm1(核輸出シグナル含有タンパク質の輸出受容体)の発現を変化させなかったが、Crm1の核移行を誘発した。 オリドニンはヌクレ

CNS送達のためのデキシブプロフェン誘導体のin vitroおよびin vivo調査

CNS送達のためのデキシブプロフェン誘導体のin vitroおよびin vivo調査

抽象 目的: イブプロフェンの S (+)異性体であるデキシブプロフェンは、神経変性障害の治療に効果的な治療薬です。 ただし、その臨床使用は、限られた脳分布によって妨げられています。 この研究の目的は、脳を標的とするデキシブプロフェンのプロドラッグを設計および合成し、生体内分布と薬物動態分析を使用して脳を標的とする効率を評価することでした。 方法: 雄のSprague-Dawleyラットで、 in vitroの 安定性、体内分布、薬物動態の研究が行われました。 血漿、脳、心臓、肝臓、脾臓、肺、腎臓などの生体試料中のデキシブプロフェンの濃度は、高圧脂質クロマトグラフィー(HPLC)を使用して測定されました。 得られたデータと統計を使用して、血漿および組織中の薬物の薬物動態パラメーターを計算しました。 結果: エタノールアミン関連構造を含むように変更された5つのデキシブプロフェンプロドラッグが設計および合成されました。 それらの化学構造は、 1 H NMR、 13 C NMR、IR、およびHRMSを使用して確認されました。 生体内分布試験では、脳のデキシブプロフェン濃度であるオスのスプラーグドーリーラットにデキシブプロフェン(11.70 mg / kg)とそのプロドラッグ(各化合物の投与量は11.70 mg / kgのデキシブプロフェンに相当)の静脈内投与の10分後および血漿を測定した。

テルミサルタンは、PPARγおよびAkt /GSK-3β経路の活性化を介して、in vitroで栄養欠乏により誘導されるアポトーシスから中枢ニューロンを保護します

テルミサルタンは、PPARγおよびAkt /GSK-3β経路の活性化を介して、in vitroで栄養欠乏により誘導されるアポトーシスから中枢ニューロンを保護します

抽象 目的: アンジオテンシンII受容体遮断薬(ARB)がin vitroで栄養欠乏により誘導されるアポトーシスから中枢神経を保護できるかどうかを判断し、その根底にあるメカニズムを解明する。 方法: 初代ラット小脳顆粒細胞(CGCs)は、神経毒性を誘発するために24時間B27(血清代替物)欠乏を受け、LDHアッセイとWST-1アッセイを使用して細胞生存率を分析しました。 DNAラダーリングアッセイおよびTUNELアッセイを使用して、細胞アポトーシスを検出しました。 カスパーゼ-3およびBcl-2の発現、およびAktおよびGSK-3βのリン酸化は、ウエスタンブロット分析を使用して検出されました。 AT 1a mRNA発現は、RT-PCR分析を使用して決定されました。 結果: B27欠乏は、LDH放出、DNAラダーリング、カスパーゼ3活性化および陽性TUNEL染色によって示されるように、CGCのアポトーシスを有意に増加させました。 10μmol/ L ARB(テルミサルタン、カンデサルタン、またはロサルタン)での前処理は、CGGCのB27欠乏誘導性アポトーシスを部分的にブロックし、テルミサルタンが最も効果的なものでした。 B27欠乏はCGCでAT1a受容体の発現を著しく増加させ、AktおよびGSK-3β活性化を阻害し、Bcl-2レベルを減少させ、カスパーゼ-3を活性化しました。 さらに、

生体外抗腫瘍活性と経口バイオアベイラビリティが強化されたエルゴステロール搭載ポリ(ラクチド-co-グリコリド)ナノ粒子

生体外抗腫瘍活性と経口バイオアベイラビリティが強化されたエルゴステロール搭載ポリ(ラクチド-co-グリコリド)ナノ粒子

抽象 目的: エルゴステロールは、抗腫瘍および抗血管新生活性を持つ植物ステロールであるが、難溶性です。 この研究では、ポリ(ラクチド-co-グリコリド)(PLGA)ナノ粒子のカプセル化を介して抗腫瘍作用と経口バイオアベイラビリティを強化しようとしました。 方法: エマルジョン/溶媒蒸発技術を使用して、エルゴステロールをロードしたPLGAナノ粒子(NP / Erg)を調製しました。 それらの物理化学的特性が特徴付けられ、ヒト癌細胞株に対する細胞毒性がMTTアッセイで評価されました。 NP / Ergの薬物動態と組織分布を、それぞれラットとマウスで調査しました。 結果: NP / Ergは球形で、粒子サイズは156.9±4.8 nm、ゼータ電位は-19.27±1.13 mVで、カプセル化効率と負荷容量は許容範囲でした。 NP / Ergは、遊離エルゴステロールよりもヒト癌細胞に対してはるかに強い細胞毒性を発揮し、IC 50 値の有意な低下を示しました(神経膠腫U251細胞では14.69±0.48μg/ mL、乳癌MCF-7細胞では9.43±0.52μg/ mL、4.70肝癌HepG2細胞で±0.41μg/ mL)。 ラットに単回経口投与した後、NP / Ergは遊離エルゴステロールと比較して経口バイオアベイラビリティが4.9倍に増加し、長期の血漿循環を示しました。 マウスがNP / Er

マトリンは、血管拡張剤刺激リンタンパク質(VASP)の構造と機能に影響を及ぼすことにより、BCG823胃癌細胞の接着と移動を阻害します

マトリンは、血管拡張剤刺激リンタンパク質(VASP)の構造と機能に影響を及ぼすことにより、BCG823胃癌細胞の接着と移動を阻害します

抽象 目的: 血管拡張剤刺激リンタンパク質(VASP)の発現は、ヒトの癌で上方制御され、より侵襲性の高い腫瘍ステージと相関しています。 この研究の目的は、ソフォラ種植物に由来するアルカロイドであるマトリンが、 in vitro でヒト胃癌細胞のVASPタンパク質に作用するメカニズムを解明することでした。 方法: VASPが発現および精製されました。 固有蛍光分光法を使用して、マトリンのVASPへの結合を研究しました。 CD分光法を使用して、VASPタンパク質の二次構造の変化を調べました。 ヒト胃癌細胞株BGC823がテストされました。 スクラッチ傷および細胞接着アッセイを使用して、それぞれ細胞遊走および接着を検出した。 リアルタイムPCRおよびウェスタンブロット法を使用して、VASPのmRNAおよびタンパク質の発現を測定しました。 結果: 蛍光アッセイでは、マトリンのVASPタンパク質への結合の解離定数は0.86 mmol / Lであったため、2つの分子間の直接結合は弱かった。 ただし、マトリン(50μg/ mL)は、CDスペクトルに示されるVASPタンパク質の二次構造に明らかな変化を引き起こしました。 BGC823細胞をマトリン(50μg/ mL)で処理すると、細胞の移動と接着が大幅に抑制されました。 アルカロイドは、VASPの細胞内分布とBGC823細胞のアクチンストレス線維の形

OL3、副作用が軽減された新規の低吸収TGR5アゴニストは、TGR5活性化とDPP-4阻害の二重作用により血糖値を低下させました

OL3、副作用が軽減された新規の低吸収TGR5アゴニストは、TGR5活性化とDPP-4阻害の二重作用により血糖値を低下させました

抽象 目的: TGR5アゴニストは、腸のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の放出を刺激しますが、全身への暴露により、胆嚢充満などの望ましくない副作用が引き起こされます。 本研究では、分子量と極性が大きいDPP-4阻害剤であるリナグリプチンと、前述のTGR5アゴニストであるMN6をリンクして、副作用と二重機能が低下した新規の低吸収TGR5アゴニストであるOL3を生成しましたTGR5の活性化とDPP-4の阻害による血糖値の低下。 方法: TGR5活性化は、ヒトまたはマウスTGR5およびCRE駆動ルシフェラーゼ遺伝子を安定して発現するHEK293細胞でアッセイされました。 DPP-4阻害は、代理基質の加水分解速度に基づいて評価されました。 GLP-1分泌は、ヒト腸内分泌NCI-H716細胞で測定されました。 OL3透過性は、Caco-2細胞でテストされました。 OL3の急性グルコース低下効果は、ICRおよび糖尿病の ob / ob マウスで評価されました。 結果: OL3は、それぞれ86.24および17.36 nmol / LのEC 50 でヒトおよびマウスTGR5を活性化し、ヒト腸内分泌NCI-H716細胞(3-30μmol/ L)でGLP-1分泌を刺激しました。 OL3は、それぞれ18.44および69.98μmol/ LのIC 50 値で、ヒトおよびマウスDPP-4を阻害しました。

中性セラミダーゼの慢性的な活性化は、β細胞をサイトカイン誘導アポトーシスから保護します

中性セラミダーゼの慢性的な活性化は、β細胞をサイトカイン誘導アポトーシスから保護します

抽象 目的: インスリン分泌細胞株INS-1の活性と中性セラミダーゼ(N-CDase)の発現とサイトカインに対する細胞応答におけるその役割を調査します。 方法: HPLC、ウェスタンブロッティング、および定量的リアルタイムPCRを実行して、サイトカイン混合物(5 ng / mLインターロイキン-1β、10 ng / mLTNF-α、および50 ng / mLインターフェロン-γ)。 INS-1細胞におけるN-CDaseの発現と活性は、N-CDase-siRNAトランスフェクションを使用して特異的に阻害されました。 アネキシンV-フルオレセイン-イソチオシアネート/ヨウ化プロピジウムフローサイトメトリーを使用して、INS-1細胞のアポトーシスを評価しました。 結果: INS-1細胞はいくつかの基礎N-CDase活性を示し、サイトカインはN-CDaseの活性化に時間依存性の遅延を引き起こした。 その結果、N-CDaseの活性化は刺激後8時間で最初に検出されました。 16時間でピークに達し、24時間で上昇したままでした。 サイトカインはまた、INS-1細胞におけるN-CDaseのmRNAおよびタンパク質発現をアップレギュレートしました。 さらに、N-CDase活性がRNA干渉によって阻害されると、INS-1細胞のサイトカイン誘導アポトーシスが著しく増加しました。 結論: N-CDase経路

ジンセノサイドRg1は、エストロゲン受容体媒介シグナル伝達経路の活性化を介して骨髄間質細胞の増殖を促進します

ジンセノサイドRg1は、エストロゲン受容体媒介シグナル伝達経路の活性化を介して骨髄間質細胞の増殖を促進します

抽象 目的: 骨髄間質細胞(BMSC)の増殖を促進するジンセノサイドRg1の可能なメカニズムを調査します。 方法: BMSCは、Sprague-Dawleyラットの骨髄から単離され 、in vitro で維持さ れました 。 指定された時間、1μmol/ LジンセノサイドRg1で刺激した後、BMSCの増殖能力を3-(4, 5-ジメチルチアゾール-2-イル)-2, 5-ジフェニルテトラゾリウムブロマイドおよび[ 3 H]-チミジンの取り込みにより評価しました。アッセイ。 BMSCのエストロゲン受容体(ER)結合活性は、特定のERアンタゴニストとER結合アッセイによって決定されました。 さらに、ERαの発現に対するジンセノシドRg1の影響をRT-PCRおよびウェスタンブロット法により調べた。 結果: 1μmol/ LジンセノサイドRg1によって刺激されたBMSC増殖は、1μmol/ L ERアンタゴニストICI 182、780、またはERα特異的アンタゴニストメチルピペリジノピラゾールによって完全にブロックされます。 さらに、Rg1は[ 3 H] 17β-エストラジオールのBMSC細胞溶解物への特異的結合を置き換えることができず、エストロゲン効果のためにRg1とERの直接の相互作用は必要ないことを示唆しています。 さらに、1μmol/ L Rg1はmRNAレベルまたはタンパク質レベルのE

リポ多糖類への出生前暴露は、ラットの血圧と体重の増加をもたらします

リポ多糖類への出生前暴露は、ラットの血圧と体重の増加をもたらします

抽象 目的: ラットの子孫の血圧と体重に対するリポポリサッカライド(LPS)への出生前暴露の影響を調査します。 方法: 16の健康な妊娠ラットをランダムに2つのグループに分けました。 LPS群のラットには、妊娠8、10、12日にLPS(0.79 mg / kg)を腹腔内注射した。 対照群の患者は、生理食塩水のみで治療されました。 分娩後、すべての子孫の体重を測定し、6週目から24週目までの2週間に1回、テールカフ法により血圧を測定しました。 15週目に、彼らの食物摂取量は毎日計量されました。 24週目の終わりに、ラットは断頭により殺された。 腹部脂肪組織の重量を測定し、レプチンの血清レベルを放射性免疫分析により検出

NF-κBのダウンレギュレーションは、ヒト間葉系幹細胞を介した腫瘍細胞増殖の抑制に関与している可能性があります

NF-κBのダウンレギュレーションは、ヒト間葉系幹細胞を介した腫瘍細胞増殖の抑制に関与している可能性があります

抽象 目的: 幹細胞は腫瘍形成に帰着し、腫瘍細胞の増殖を阻害することが報告されています。 私たちの研究の目的は、ヒト間葉系幹細胞(hMSC)によって媒介される肝細胞癌細胞と乳癌細胞の抑制性増殖の分子機構を実証することでした。 方法: H7402ヒト肝細胞癌細胞およびMCF-7ヒト乳癌細胞の増殖は、Z3細胞またはBMMS-03細胞などのhMSCs培養からの馴化培地で処理した後、5-ブロモデオキシウリジン(BrdU)取り込みアッセイおよびフローサイトメトリーアッセイにより測定しました。 Z3細胞またはBMMS-03細胞からの馴化培地で処理された肝細胞癌または乳癌細胞のうつ病におけるNF-κBまたは阻害剤κBα(p-IκBα)のリン酸化の役割を、レポーター遺伝子アッセイ、定量的リアルタイムPCRによって調べた、およびウエスタンブロット分析、それぞれ。 結果: H7402細胞およびMCF-7細胞の増殖は、治療後のBrdU取り込みアッセイおよびフローサイトメトリーアッセイにより大幅に減少しました。 NF-κBの転写活性とmRNAレベルは、レポーター遺伝子アッセイと定量的リアルタイムPCRにより、用量依存的に処理細胞でダウンレギュレートされました。 タンパク質レベルでは、NF-κBおよびp-IκBαは、ウェスタンブロット分析により処理細胞で減少しました。 結論: hMSCの馴化培地は、腫瘍細胞の

マウス肺におけるp38マイトジェン活性化プロテインキナーゼの阻害を介した機械的ストレスにおけるPI3-キナーゼ/ Akt / eNOSシグナル伝達の保護的役割

マウス肺におけるp38マイトジェン活性化プロテインキナーゼの阻害を介した機械的ストレスにおけるPI3-キナーゼ/ Akt / eNOSシグナル伝達の保護的役割

抽象 目的: PI3K / Akt / eNOSシグナル伝達は、p38 MAPKシグナル伝達のダウンレギュレーションを介して、換気関連肺損傷(VALI)のマウスモデルで保護的な役割を果たしているという仮説を検証します。 方法: 雄のC57BL / J6(野生型、WT)またはeNOSノックアウトマウス(eNOS -/- )を低(LV T 、7 mL / kg)および高一回換気量(HV T 、20 mL)の機械的換気(MV)に曝露しました/ kg)0-4時間 WTマウスのサブセットに、MVの1時間前にPI3K(100 nmol / L Wortmannin [Wort]、ip)またはp38 MAPK(SB203580、2 mg / kg、ip)の特異的阻害剤を投与しました。 培養したII型肺胞上皮細胞C10は、20 nmol / L Wort前処理の有無にかかわらず、2時間18%の周期的伸張にさらされました。 実験の最後に、 生体内 の毛細血管漏出 は 、エバンスブルー色素(EBD)の血管外漏出、湿重量/乾燥重量比、および肺洗浄タンパク質濃度によって評価されました。 肺組織および細胞溶解物もタンパク質および組織学的レビューのために収集されました。 結果: MVはPI3K / Aktのリン酸化とeNOSの発現を減少させたが、EBDの肺漏出とともにリン酸化p38 MAPKの発現を増加させた。

ヒトシクロオキシゲナーゼ-2のヒドロキシキサントン誘導体の新規選択的阻害剤

ヒトシクロオキシゲナーゼ-2のヒドロキシキサントン誘導体の新規選択的阻害剤

抽象 目的: 分子シミュレーションを利用して、ヒトシクロオキシゲナーゼ-2((h)COX-2)の選択的阻害剤をスクリーニングします。 方法: 8つのキサントン誘導体、化合物AHは、構造ベースの研究方法論で採用されました。 レスベラトロールとNS-398は、それぞれCOX-1とCOX-2のコントロール化合物として選択されました。 ドッキングの結果を記録し、複合体の相互作用エネルギーをCHARMm力場によって計算しました。 結果: NS-398はCOX-1の活性部位にドッキングできませんでした。 しかし、COX-1に特異的な選択的化合物であるレスベラトロールは、COX-1にドッキングしている間、より低い相互作用エネルギーを獲得しました。 化合物BとFがそれぞれCOX-1とCOX-2の触媒部位にドッキングされている間に、より低い相互作用エネルギーが調査されました。 化合物A、1, 3, 6, 7-テトラヒドロキシキサントンは、COX-1とCOX-2の両方に対する高い阻害効力を明らかにした。 結論: ドッキングの構造は、相互作用エネルギーの値に影響を与えます。 水素結合は、複合体全体の安定性も高めることができます。これは、化合物BがCOX-1のトンネル状の活性部位に適切な立体構造を持っていることを示唆している可能性があります。 COX-2の強力な薬剤である化合物Fは、ヒトCOX-2のSer5

マウスの7-O-エチルファンチノリンの抗うつ薬様作用におけるアドレナリン受容体、ドーパミン受容体およびAMPA受容体の関与

マウスの7-O-エチルファンチノリンの抗うつ薬様作用におけるアドレナリン受容体、ドーパミン受容体およびAMPA受容体の関与

抽象 目的: 7- O- エチルファンチノリン(YH-200)は、ビスベンジルイソキノリン誘導体です。 この研究の目的は、マウスにおける抗うつ薬のような作用とYH-200の基礎となるメカニズムを調査することでした。 方法: 強制水泳試験(FST)、尾懸垂試験(TST)、またはオープンを行う前に、マウスをYH-200(15、30、および60 mg / kg、ig)またはテトランドリン(30および60 mg / kg、ig)で処理しましたフィールドテスト(OFT)。 結果: YH-200(60 mg / kg)は、FSTとTSTの両方で不動時間を大幅に短縮し、FSTの不動までの待ち時間を延長しました。 YH-200(60 mg / kg)は、FSTの天然ビスベンジルイソキノリンアルカロイドテトランドリン(60 mg / kg)よりも強力でした。 α1アドレナリン受容体拮抗薬プラゾシン(1 mg / kg)、βアドレナリン受容体拮抗薬プロプラノロール(2 mg / kg)、ドーパミンD 1 / D 5 受容体拮抗薬SCH23390(0.05 mg / kg)、ドーパミンD 2 / D 3 受容体による前処置拮抗薬ハロペリドール(0.2 mg / kg)またはAMPA受容体拮抗薬NBQX(10 mg / kg)は、FSTにおけるYH-200(60 mg / kg)の抗うつ薬様作用を予防しまし

腸内腔に放出された腸内Metrnlは、腸内抗菌ペプチドの局所レギュレーターとして機能します

腸内腔に放出された腸内Metrnlは、腸内抗菌ペプチドの局所レギュレーターとして機能します

抽象 目的: Metrnlは新規の分泌タンパク質ですが、その生理学的役割はとらえどころのないままです。 この研究では、ヒトにおけるMetrnlの組織発現パターンを調査し、最も高度に発現したレベルの組織での生理的役割の可能性を調査しました。 方法: 69ドナーからの19種類の組織を含むヒト組織マイクロアレイを使用して、Metrnlの組織発現パターンを調べ、新鮮なヒトおよびマウス組織で発現パターンをさらに検証しました。 腸上皮細胞特異的Metrnlノックアウトマウスが生成され、Metrnlの生理学的役割を分析するために使用されました。 結果: Metrnlは、ヒトの胃腸管で最も高度に発現され、腸上皮で特異的に発現されました。 これと一致して、Metrnl mRNAは、試験した14種類の組織の中で、マウスの消化管でも最も高発現していました。 腸上皮細胞に特異的なMetrnlノックアウトマウスでは、腸液中のMetrnlレベルは有意に低下したが、Metrnl血清レベルは低下傾向を示したが、この変化は統計的に有意ではなかった。 このMetrnlの細胞特異的欠失は、生理学的条件下で体重、摂食量、血糖、結腸の長さおよび組織学、腸透過性、粘液含有量またはムチン2の発現に影響を与えなかったが、膵島の再生などの抗菌ペプチドの発現を統計的に減少させた由来の3ガンマ(Reg3g)およびラクトトランスフェリン。

レスベラトロール誘導体である4'-クロロ-3,5-ジヒドロキシスチルベンは、肺がん細胞死を誘導します

レスベラトロール誘導体である4'-クロロ-3,5-ジヒドロキシスチルベンは、肺がん細胞死を誘導します

抽象 目的: 肺腺癌A549細胞に対する、レスベラトロール誘導体である4'-クロロ-3, 5-ジヒドロキシスチルベンの抗腫瘍効果を調べる。 方法: 細胞傷害性IC 50 は、直接的な細胞計数により決定された。 フローサイトメトリー、モノダンシルカダベリン(MDC)染色、トランスフェクション、ウエスタンブロット、およびプロテアソーム活性アッセイを使用して、4'-クロロ-3, 5-ジヒドロキシスチルベンの細胞メカニズムを研究しました。 異種移植ヌードマウスモデルを使用して 、インビボでの 抗腫瘍効果を分析した。 結果: 4'-クロロ-3, 5-ジヒドロキシスチルベンは、細胞内の細胞内活性酸素種の急速かつ持続的な増加を誘導したが、細胞死は2つの抗酸化剤によって阻害されなかった。 誘導体は、サブG 1 形成、ミトコンドリア膜電位の低下およびポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ分解を引き起こし、カスパーゼ阻害剤Z-VAD-FMKは細胞死を部分的に防ぐことができた。 また、細胞内酸性液胞、LC3-II形成および細胞内GFP-LC3凝集の有意な増加を誘発しました。 オートファジー阻害剤は細胞死を部分的に逆転させた。 さらに、4'-クロロ-3, 5-ジヒドロキシスチルベンはユビキチン化コンジュゲートの蓄積を誘導し、細胞内のプロテアソーム活性を阻害しました。 インビボ

低酸素のプレコンディショニングは間葉系幹細胞の低酸素/再酸素化誘導アポトーシスを減弱させる

低酸素のプレコンディショニングは間葉系幹細胞の低酸素/再酸素化誘導アポトーシスを減弱させる

抽象 目的: 間葉系幹細胞(MSC)は、心臓置換療法の有望な候補です。 ただし、移植されたMSCの大部分は、血液供給不足、虚血再灌流、および炎症性因子のために、移植後にすぐに失われます。 MSCの低酸素/再酸素化誘導アポトーシスに対する低酸素プレコンディショニング(HPC)の影響を研究することを目的としました。 方法: 3世代のMSCは、正常群、低酸素再酸素化(H / R)群、シクロスポリンA(CsA)、HPC 10分、20分、および30分群を含む6つの群に分けられました。 アポトーシス指数、細胞生存率、ミトコンドリア膜電位、Bcl-2およびbaxの転座、細胞外調節キナーゼ(ERK)、Akt、低酸素誘導因子1-α、および血管内皮成長因子(VEGF)がH / R処理。 結果: HPCは、アポトーシス指数を減少させ、H / Rによって誘導される生存率を増加させました。 さらに、HPCはミトコンドリア膜電位を著しく安定化し、Bcl-2およびVEGF発現を上方制御し、ERKおよびAktのリン酸化を増加させました。 ポジティブコントロールとして、CsAはHPCと同じ機能を持ちますが、ERKとAktのリン酸化を促進し、VEGFを上方制御します。 結論: HPCは、ミトコンドリア膜電位の安定化、Bcl-2とVEGFの上方制御、ERKとAktのリン酸化の促進を介して、H / Rによって誘導されるMS

FKBP12.6およびSERCA2a発現の急激な変化は、再灌流時に心室細動の突然の発生に寄与し、CPU86017によって防止されます

FKBP12.6およびSERCA2a発現の急激な変化は、再灌流時に心室細動の突然の発生に寄与し、CPU86017によって防止されます

抽象 目的: 心室細動(VF)の発生は、心筋のチャネル障害の悪化に依存しています。 再灌流でのVFの突然の出現に関連した分子変化を調査することは興味深いです。 FKBP12.6およびSERCA2aの発現の変化と虚血に対する再灌流のエンドセリン(ET)システムがVFの急速な発生に関連しているかどうか、およびCPU86017、 I Kr 、 I Ks をブロックするクラスIII抗不整脈薬かどうかを研究することを目的としました、および I Ca.Lは 、再灌流の分子変化を修正することによりVFを抑制しました。 方法: 心筋症(CM)は、ラットで10日間0.4 mg / kg sc L- サイロキシンによって産生され、11日に10分間の冠動脈結紮/再灌流を行った。Ca2 + ハンドリングとETシステムおよびカルシウム過渡現象の発現を行った。そして、6〜10日目にCPU86017が注射された(4mg / kg、皮下注射)。 結果: ラットCM心臓の再灌流でVFの高い発生率が見つかりましたが、再灌流前にVFはありませんでした。 拡張期カルシウムの上昇は、CM筋細胞で顕著であり、Ca 2+ ハンドリングシステムの異常を示しました。 mRNAの急速なダウンレギュレーションとFKBP12.6およびSERCA

ヒトCXCR3のN末端の硫酸化チロシン27および29は、ネイティブIP-10の結合に関与します

ヒトCXCR3のN末端の硫酸化チロシン27および29は、ネイティブIP-10の結合に関与します

抽象 目的: 7回膜貫通セグメント(7TMS)であるヒトCXCR3は、主にTh1を介した応答で発現しています。 Interferon-γ-inducibleprotein 10(IP-10)は、CXCR3の重要なリガンドです。 それらの相互作用は、白血球の移動と活性化にとって極めて重要です。 7TMSのチロシン硫酸化は、リガンド結合に実質的に寄与する翻訳後修飾です。 IP-10へのタンパク質の結合におけるCXCR3のチロシン硫酸化の役割を研究することを目指しました。 方法: CXCR3およびその変異体をコードするプラスミドは、PCRおよび部位特異的突然変異誘発によって調製されました。 HEK 293T細胞に、リン酸カルシウムを使用してCXCR3またはその変異体をコードするプラスミドをトランスフェクトしました。 トランスフェクトされた細胞を[ 35 S]-システインとメチオニンまたは[ 35 S] -Na 2 SO 3 で標識した後、硫酸化を測定するために免疫沈降により分析した。 125 I標識IP-10を使用した実験を実施して、そのリガンドに対するCXCR3の親和性を評価しました。 カルシウム流入アッセイを使用して、細胞間シグナル伝達を測定しました。 結果: 私たちのデータは、硫酸基がCXCR3のチロシン27および29に付加されていることを示しています。 これら2つのチロシンのフェニ

アンジオテンシンIIはin vitroでラット血管平滑筋のLARG / RhoA / MYPT1軸を調節する

アンジオテンシンIIはin vitroでラット血管平滑筋のLARG / RhoA / MYPT1軸を調節する

抽象 目的: アンジオテンシンII(Ang II)刺激により、血管平滑筋細胞(VSMC)のモノマーGタンパク質RhoAに結合し、RhoA / Rhoキナーゼ/ MYPT1軸を活性化する重要なタンパク質を特定します。 方法: Sprague-Dawleyラットの初代培養VSMCに白血病関連RhoGEF(LARG)に対するsiRNAをトランスフェクトし、Ang II、ロサルタン、PD123319、またはVal 5 -Ang IIで処理しました。 標的mRNAおよびタンパク質レベルは、それぞれqPCRおよびウェスタンブロット分析を使用して決定されました。 ラットの大動脈リングを分離し、等尺性収縮を力変換器とレコーダーで測定しました。 結果: 0.5時間のAng II(0.1μmol/ L)による刺激は、VSMCのLARG mRNAのレベルを有意に増加させました。 Ang II(0.1μmol/ L)とAT 2 アンタゴニストPD123319(1μmol/ L)またはAT 1 アゴニストVal 5 -Ang II(1μmol/ L)による治療の3、6、および9時間後、LARGタンパク質、RhoA活性、およびVSMCのミオシンホスファターゼターゲットサブユニット1(MYPT1)のリン酸化レベルが大幅に増加しました。 siRNAを用いたLARGのノックダウンは、AT 1 受容体の活性化によって引

ポロ様キナーゼ1のポロボックスドメインを標的とする新しいリガンドとしての天然産物アリストラクタムAIIIaは、癌細胞増殖を強力に阻害する

ポロ様キナーゼ1のポロボックスドメインを標的とする新しいリガンドとしての天然産物アリストラクタムAIIIaは、癌細胞増殖を強力に阻害する

抽象 目的: 有糸分裂の進行のさまざまな面で重要な役割を果たし、有望な抗がん剤の標的として考えられているヒトポロ様キナーゼ1(Plk1)の新規阻害剤を検索し、Plk1に対する活性化合物の潜在的な阻害メカニズムをさらに調査する、したがって、強力な抗腫瘍リード化合物を開発しています。 方法: 表面プラズモン共鳴(SPR)技術ベースのアッセイと酵素阻害アッセイPlk1阻害剤をスクリーニングするために使用されました。 スルフォローダミンB(SRB)ベースのアッセイ、フローサイトメトリー、共焦点顕微鏡、ウエスタンブロット法を使用して、強力なPlk1阻害剤をさらに特定しました。 Plk1に対する活性化合物の阻害メカニズムを調べるために、酵素阻害アッセイ、SPRおよび酵母ツーハイブリッド技術ベースのアッセイを使用しました。 結果: アリストラクタムAIIIaは、Plk1阻害剤を探索するためのもう1つの効率的な戦術であるポロボックスドメイン(PBD)を標的とする、新しいタイプのPlk1阻害剤として同定されました。 さらなる研究により、HeLa、A549、HGCおよびHCT-8 / V細胞(臨床ナベルビン耐性癌細胞)の増殖をブロックし、紡錘体異常を伴うG 2 / M期でHeLa細胞の有糸分裂停止を誘導し、アポトーシスを促進できることが示されたHeLa細胞で。 SPRおよび酵母ツーハイブリッド技術ベース

新しいGSK-3β阻害剤YQ138は、Nrf2シグナル伝達経路の活性化を介して、グルタミン酸および脳虚血によって誘発される神経損傷を防ぎます

新しいGSK-3β阻害剤YQ138は、Nrf2シグナル伝達経路の活性化を介して、グルタミン酸および脳虚血によって誘発される神経損傷を防ぎます

抽象 目的: 神経保護化合物を発見し、発見された活性化合物YQ138を新規GSK-3β阻害剤として特徴付けるため。 方法: 初代ラット小脳顆粒細胞(CGC)をグルタミン酸で処理し、細胞生存率をMTTアッセイで分析しました。これは、神経保護化合物をスクリーニングするための in vitro モデルとして使用され ました 。 活性化合物は、OGDまたは血清欠乏により誘発される神経損傷モデルでさらにテストされました。 GSK-3β下流タンパク質(Nrf2、HO-1、NQO1、Tauおよびβ-カテニン)の発現レベルは、ウエスタンブロット法で検出されました。 in vivo での神経保護効果 を 評価するために、成体雄ラットに一過性中大脳動脈閉塞(tMCAO)を施し、虚血発症後2、4、6時間でYQ138(10 mg / kg、iv)で治療しました。 結果: 約2000個の潜在的なキナーゼ阻害剤で構成される化合物ライブラリから、YQ138は神経保護効果を発揮することがわかりました。YQ138(0.1–40μmol/ L)での前処理は、グルタミン酸による神経細胞死を用量依存的に抑制しました。 さらに、YQ138(10μmol/ L)での前処理は、OGDまたは血清欠乏による神経細胞死を有意に抑制しました。 試験した7つのキナーゼのパネルの中で、YQ138はGSK-3βの活性を選択的に阻害しました(I

グルコースの利用をブロックすると、in vitroでシュードラル酸B処理したヒト肺癌細胞の老化からアポトーシスへの切り替えが誘導される

グルコースの利用をブロックすると、in vitroでシュードラル酸B処理したヒト肺癌細胞の老化からアポトーシスへの切り替えが誘導される

抽象 Pseudolarix kaempferi Gordonの根皮から分離されたジテルペン酸であるシュードラル酸B(PAB)は、いくつかのがん細胞株で抗腫瘍効果を発揮します。 私たちの以前の研究は、PABが主にヒト肺癌A549細胞(p53野生型)の成長の抑制でアポトーシスよりもむしろp53-p21活性化を介して老化を誘発することを示しました。 しかし、p53欠損ヒト肺がんH1299細胞では、PABは老化することなくアポトーシスを引き起こしました。 この研究では、PAB処理したヒト肺癌細胞株の老化からアポトーシスへの切り替えの原因となるメカニズムを調査しました。 老化細胞をSA-β-gal染色により調べた。 FACScanフローサイトメーターを使用して、グルコースの取り込みとアポトーシス率を評価しました。 市販のアッセイキットを使用して、ATPおよび乳酸のレベルを測定しました。 siRNAのトランスフェクションを使用して、p53またはp21の発現をノックダウンしました。 ウエスタンブロット分析を適用して、タンパク質発現レベルを測定しました。 p53野生型A549細胞では、PAB(20μmol/ L)が老化を引き起こし、グルコース利用率が時間依存的に増加しました。 p53またはp21のノックダウンは、グルコースの摂取と代謝を有意に減少させたが、PAB誘導アポトーシスを上昇させた。 解糖

ミオシン軽鎖キナーゼは、p38経路が関与する抗アポトーシスを介して乳癌細胞の高い増殖能力を担っています

ミオシン軽鎖キナーゼは、p38経路が関与する抗アポトーシスを介して乳癌細胞の高い増殖能力を担っています

抽象 目的: ミオシン軽鎖キナーゼ(MLCK)が乳癌細胞の高い増殖能力に貢献していたかどうかを調査します。 方法: MCF-7およびLM-MCF-7細胞株での軟寒天コロニー形成を測定しました。 MCF-7およびLM-MCF-7の細胞周期は、フローサイトメトリー分析を使用して検出されました。 ウエスタンブロット分析を実施して、p-ERK1 / 2、total-ERK1 / 2、p-p38、total p38、p-JNK、total-JNK、survivin、Bcl-2、p-MLC、カスパーゼの発現レベルを検出しました9、切断されたカスパーゼ-9、およびMLCK。 アドリアマイシン(ADR)、ML-7およびSB203580で処理した後、フローサイトメトリー分析とアネキシンV-FITC蛍光顕微鏡を使用してアポトーシスを調べました。 結果: 転移能の高い乳癌LM-MCF-7細胞株(MCF-7の転移性サブクローン)は、アドリアマイシン治療に反応してMCF-7細胞に比べて高い抗アポトーシス能力を示しました(アポトーシス率:6.76% 対 28.58 %、 P <0.05)。 さらに、MLCKの発現レベルは上方制御され、リン酸化p38(p-p38)のレベルはLM-MCF-7細胞で減少しました。 フローサイトメトリー分析により、MLCKの選択的阻害剤であるML-7は、p-p38のレベルが増加し